More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グレイブ・エンカウンターズ (★★★★) - ぶっちゃけ大好物。廃墟となった精神病院で心霊番組を製作中、とんでもないことになるファウンドフッテージもの
グレイブ・エンカウンターズ
なんか、国内でのネットの評判等は、あまりよろしくありませんが、
私は、こんなお化け屋敷的なファウンドフッテージものは超大好物です、はい。

監督はこの映画でデビューとなる「ザ・ヴィシャス・ブラザーズ」

兎にも角にも、次から次へと、トンデモないことが起きていく、
ジェットコースター型お化け屋敷モキュメンタリー。

何が起こるのかのドッキリがメインな映画なので、
今回は、ネタバレありながら、説明は前半だけ、としておきます。


※以下、前半特にネタバレあり


心霊現象をドキュメントタッチで追う番組「グレイブ・エンカウンターズ」
グレイブ・エンカウンターズ

基本的には、それっぽいのが撮れたらラッキーくらいの雰囲気重視の番組。

今回は、本物の幽霊が出ると地元で話題の、元精神病院跡で、一晩撮影をする企画。
霊能者(ヒューストン)も登場するが、
グレイブ・エンカウンターズ
もちろん知り合いの役者。
グレイブ・エンカウンターズ

ランス(主人公のディレクター)は、番組の演出として、
管理人にロビーのドアを外から施条してもらい、
夜通しの撮影を始めるが、次々と、奇妙な現象が実際に起きていく。

EVP(テレコを使い霊との交信を試みる)の最中、突然髪を触られるサシャ。
グレイブ・エンカウンターズ

突然、扉が大きな音を立てしまったり、ランダムに映してる写真にも……。
グレイブ・エンカウンターズ窓に……

髪を触られたサシャ含めスタッフや霊能者役のヒューストンもすっかり怯えてしまい、
撮影を終了させ、管理人が約束の時間(朝6時)に扉を開けてくれるのを待つが、
時間が過ぎても、一向にその気配がない。
グレイブ・エンカウンターズ
なぜか全員の携帯電話が圏外になってしまい外とも連絡がとれない。

そんな中、撤収作業をしていた、スタッフの一人、マットが行方不明になってしまう。
マットを探すスタッフたち。しかし、その中、カメラマンのTCは、誰もいない階段から突き落とされる。
グレイブ・エンカウンターズ

切れたTCは、もう扉を壊して外に出ようとするが……。
グレイブ・エンカウンターズ

ここから先は、ネタバレなのでスナップショットだけで想像してください……。

グレイブ・エンカウンターズ

グレイブ・エンカウンターズ

グレイブ・エンカウンターズ

グレイブ・エンカウンターズ

グレイブ・エンカウンターズ

グレイブ・エンカウンターズ

グレイブ・エンカウンターズ

グレイブ・エンカウンターズ

そして、パッケージにもなっている、インパクト抜群のシーンを小さい画像でどうぞ。
グレイブ・エンカウンターズ

何が起こって、どうなるのか気になる人はDVDをどうぞ。。。。

なんか、リアリティがないとか、矛盾が多いとか、文句の多い作品ですが、
それを聞き「あぁ、モキュって、みんな本当にリアリティとか、そこの恐怖を求めてたんだ……」
とチョットだけ認識を再確認。

まぁ、私は、何度か言ってるように、ホラーにリアリティやハッピーエンドは求めておらず、
映画なんだという前提を持たせながら、安全なところから(ここ大事)、
日常にはない「恐怖のエンタメ」を楽しみたいので、
モキュみたいな、映画と現実の境界を曖昧にしようという手法は大好きです。
(余談ですがデモンズとか、あぁいう作戦もいいっすねぇ。映画館で観ればの話ですが)
が、そこに色んな意味で「映画です」という前提がないと、
逆に「そんなリアリティを出されても、現実的で面白くない」と感じるのですが、
一般的には「それこそ逆」という訳なんでしょうな。。。。。

何はともあれ、異世界の廃墟を擬似冒険できる、
なんちゅうんでしょう、あー、富士急のお化け屋敷に行った感覚?(あそこマジで死ぬほど怖いです)、
そんな、エンタメなお化け屋敷ホラーで、私はとても大好物な作品でした!

再生回数26000000回を超えた、評判の予告編をどうぞ↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。