More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トロール・ハンター (★★★★☆)- ノルウェーの森でトロールが……近年、星の数ほど見ているファウンドフッテージものの中では図抜けてトンデモなのに面白い作品
トロール・ハンター

発見された、行方不明となった学生が残したフィルム。
そこにはとても信じられない内容のものが映っていた……系のファウンドフッテージもの。

あまりにもトンデモ、あまりにもありえないのに、
ちょっと本当に見えてきたぞwww むさいおっさんも格好良く見えてきたしww
ちょ、それはwww って感じで手を叩いて楽しめるノルウェー映画です。

監督は「アンドレ・ウーヴレダル」
原題は「TROLLJEGEREN(英題:TROLLHUNTER)」


舞台はノルウェー、近年問題になっている密猟について、
3人の学生が、体当たりでドキュメンタリーを撮りはじめる。
ハンターたちにインタビューをしていくと、彼らには有名な密猟者の噂を効く。
トロール・ハンター

その男を調べると、毎晩どこかに出かけているし、いかにも胡散臭い。
トロール・ハンター

取材を申し込むが、まるで相手にしてもらえず、
こっそり後をつけるが、そこでトンデモナイものに襲われる……。
トロール・ハンター

学生たちは、男に今襲ってきたものの正体を問いただすと、訥々と話を始める。
「自分はノルウェー政府に雇われている、【トロール】の存在を隠すために働いているハンター」
「もうこの生活に疲れたので、取材に協力するから、これを公表して欲しい」と。
トロール・ハンター

そして、彼と共にトロールのハンティングをしていくのだが……。
トロール・ハンター
トロール・ハンター
トロール・ハンター


どんなことをカメラに収め、最後がどうなるか気になる方はDVDでどうぞ。


最後にスタッフロールが始まった後、ノルウェー政府が、
国に増えている、一見無駄に見える送電線について、語った記者会見の時、
思わず言ってしまった一言が収録されている。
トロール・ハンター
「えっ、言っちゃダメだろ」的な驚き顔w


モキュやファウンドフッテージものが好きな私には大好物な作品でした。

ハリウッドリメイクされないのは、あまにも馬鹿らしい内容なのと、
ノルウェーが舞台じゃないと成立しない話だからだとは思います。

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。