More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・プレゼンス (★★★)- アイデアや雰囲気は悪くはないけど地味なんだよねといった感じの、地縛霊vs悪霊(浮遊霊?)な作品
ここの更新より、観てるペースの方が何倍も多いぜ……(物理的に追いつかない状態)
さて、気分を取り戻して、今回は、
1302_prezence.jpg

雰囲気とか悪くはないけど、地味でわかりにくい、人を選びそうな心霊サスペンスです。

ブレア・ウィッチのダニエル・マイリック製作総指揮。
監督はトム・プロヴォスト(アンダー・サスピションの脚本家)。
主演ミラ・ソルヴィノ(誘惑のアフロディーテのアカデミー助演女優)

原題はそのまま「THE PRESENCE」


人里離れた孤島の一軒家に棲む地縛霊。
そこに突然やってくる、人間関係に疲れて都会の喧騒から逃げてきた(以前、ここに住んでいた)女性。
といった感じで始まりますが、このスタートから約20分、
ただ女性を見つめている地縛霊と、その女性の一人芝居が続きます(ちょっとビックリです)
ザ・プレゼンス

かれこれしてる内に、彼女の後を追ってきた恋人が現れ、いきなり(じゃないんだろうが)プロポーズ。
(ここからは、音声(台詞)ありでお送りしますって感じに、普通の映画へ転調)
ただし、どうやら彼女は、子供の頃、父親に(性的?)虐待を受けているようで、男性不信になっているので、
素直にプロポーズを受けられない模様。しかし、彼氏の優しさや真摯さを信じて、一旦は受け入れます。
が、一晩経っただけで、親の仇のように拒絶を始める彼女。

なぜ?となるが、実は彼女には悪霊(最初から登場している地縛霊とは別)が取り憑いており、
彼女の幸せを壊そうと、いつも耳元でネガティブなことを呟いて誘導していた。
ザ・プレゼンス
こんなに、ずっと呟かれてたら洗脳もされるわなってレベル。

その上(基本的に物事をハッキリと明かさない映画なので、多分…)、
父親が凶行に走っていたのも、どうやらこの悪霊のせいっぽい。
そんな最低な霊の悪意に、反発心をみせる彼女を見つめていた地縛霊。
しかし霊としては、悪霊の方が力も強い上に、何枚どころか何十枚も上手で、
「地縛霊なんてやめて俺みたいに自由になれよ」的な甘い言葉で惑わされます。

そんなこんなで、どんどんと彼女の心は荒んでいき(彼氏が結構可哀想(^^;)
彼氏と破局を迎えてから、なんで私はこんななの?と正気を取り戻しますが、
悪霊は、直接的な攻撃で彼氏を黙らせたり、無双状態に入りますが……。

実は、ここには……。
ザ・プレゼンス

という感じでラストに突入します。
最後は「あぁ、そうだったの?」というチョットした種明かしもあったりしますが、
基本的には、悪霊もラストの××も、特に地縛霊もなんだったか、よく分からなかったりするのが、
なんとも、ある意味衝撃的な作品です。

ってか、もうチョット、消化してよ!(描いてよ!)と誰もが思うでしょう(^^;

そんなですが、ラストが気になる方はDVDでどうぞ。

まぁ、ぶっちゃけ、ダニエル・マイリックの作品は全部そうなんですが、
私的には、意外と嫌いじゃないんですわ。ということで★は3つで……。

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。