More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビックフット・ハンター (★★★)- ビックフットの死体を保管しているという人物に取材に行くテレビクルー、しかし……というファンドフッテージ物
ビックフット・ハンター
ビックフットなんていないと思っているが、番組のネタとして数字が稼げると考えたディレクターが、
ビックフットの死体を持っているという人物に会いに行くモキュメンタリー。

前回紹介したビックフット・ハンティングは、
これと間違えて観た作品(開始1分で気が付きましたが(^^;)

監督は「コーリー・グラント」(代表作不明)
原題は「THE LOST COAST TAPES」


※ネタバレ有りのあらすじ


ドキュメンタリー番組を担当しているショーンは、
ビックフットの死体を持っているという人物の噂を聞き、
(全く信じていないが)数字が取れると感じ、高額のギャラを払い密着取材を始める。

死体の持ち主ドライベックは、カルフォルニアの山奥で
ビックフットの生態を研究している変わり者。
ビックフット・ハンター

ドライベックの山小屋に泊まりながら取材を始めるが、
初日から、ビックフットに発電機を壊されたり、小屋が襲われたりする。
ビックフット・ハンター

ビックフット・ハンター

ショーンは信じてないので、ヤラセでも番組が面白くなればいいと、
ビックフット・ハンター
インチキに付き合うつもりでもいる中、ついには足跡や巣まで発見。
ビックフット・ハンター

ビックフット・ハンター

最初の晩から、不気味なものを感じていた音声担当は我慢が出来ずに逃げ出す。
ビックフット・ハンター

そしてその晩、女性スタッフが「何者かに襲われ」「何者かに助けられる」
ビックフット・ハンター
一体、ここで何が起こっているのか?!

度が過ぎるヤラセだと思ったショーンは怒って撮影を中止しようとするが、
ビックフットの死体だけは撮影しようと、ドライベックに詰め寄り死体の保管場所まで行く。
ビックフット・ハンター
しかし……。
ビックフット・ハンター

そして、スタッフたちは次々と何かに襲われ……。
ビックフット・ハンター

ビックフット・ハンター

ビックフット・ハンター

果たして、これはビックフットの仕業なのか、それとも……。
ビックフット・ハンター

何が起こるのか?その正体は?などが気になる方はDVDでどうぞ。

まぁ、低予算で、ありがちなファンドフッテージ物ではありますが、
個人的には、こんな感じのは大好物ですので、それなりに楽しめました。
私同様、B~C級のモキュに付き合える方はどうぞ……。

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。