More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビックフット・ハンティング (★)- ビックフット・ハンターと間違えて借りちゃった、C級モンスターホラー
ビックフット・ハンティング
表題にも書いた通り(後日、更新予定の)「ビックフット・ハンター」と間違えて借りてしまったら、
超やばい映画でしたという感じのちーぷなC級モンスターホラー。
(開始1~2分で「あ、やばいかも」と分かる一品)

監督は「ブライアン・ブラフ」(代表作、特になし)


※ネタバレ有りなあらすじ


主人公のジムは野生動物の研究科。丁度停学になった娘のエイミーをつれて、
同僚のロブとマーシーと共にオオヤマネコの調査に雪山へ向かう。
ビックフット・ハンティング

しかし、その雪山では謎の生き物がスキーヤーなどを血祭りにあげていた。
ビックフット・ハンティング

地元でも、謎の生物のことに誰も気づいていないが、
若い警官のひとりだけは、行方不明者があまりに多いことに何かを感じて調べている。
ビックフット・ハンティング
(何かを感じるってか、どう考えてもおかしいだろ。
 ってかアメリカってそんなに若者が行方不明になるの普通のなの?(^^;)

オオヤマネコの調査を始めるジムたちだが、
去年までいた動物だちが、全然いないというおかしな状況に首をかしげる。

そして、側には謎の足跡が……。
ビックフット・ハンティング
(えらくまっ平らで浅い足跡です)

そして、翌朝、何かの動物にスノーモービルなどが壊されているのを発見します。
ビックフット・ハンティング

そんな中、パトロールをしていた警官たちも正体を表した雪男に襲われ……。
ビックフット・ハンティング
じゃじゃーん

ビックフット・ハンティング
ひとり異常事態を感じ取っていた警官も、何の活躍もなく「えっ?」という感じで退場。

調査隊は、偶然見つけた洞窟内に人間の骨を発見。
ビックフット・ハンティング

カメラに雪男をとらえます。
ビックフット・ハンティング

ジムとロブは洞窟で死体を見ているために、調査を切り上げて帰ろうとしますが、
世紀の大発見だとエイミーは、ひとりで調査に向かってしまい、雪男にやられてしまう。
ビックフット・ハンティング
ネックハンギングツリー!

そして、助けを呼びに行こうとしたジムも雪男に捕まっていまい、
残されたロブとマーシーは、ジムを助け出すために雪男に立ち向かう。
ビックフット・ハンティング

果たして2人はジムをたすけられるのか……。
ビックフット・ハンティング

ラストが気になる方はDVDでどうぞ……。
と締めたいところですが、映画の出来的にはとても進められたものではないので、
こんなC級映画なんてへっちゃらだぜぇーという強者さんだけどうぞ、という感じです。

いやぁ~、もちろんホラーとして怖くはないですし、
特撮、脚本、何から何まで見事なC級っぷりで、見所なんてもんもないという作品です。

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。