More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インキーパーズ (★★)- イーライ・ロスが絶賛したタイウェストの心霊物。
インキーパーズ
色々実力ありと噂がある「タイ・ウェスト」監督がおくる心霊物。

しかしこの監督、日本ではこれと「キャビン・フィーバー2」しか発売されていません。
しかも、そのキャビン・フィーバー2は途中降板していて、自分の名前を出すなと揉めたという1本。
で、その前にも3本ほど撮っていますが、日本では全て未発売。
インキーパーズの後に撮った、海外予告で(個人的に)「超観たい!!」と思っている、
「V/H/S」も「The ABCs of Death」も日本では未だ音沙汰無しという、
なんか扱いが酷く悪いために、こっちでの知名度はマダマダ低いかと。
(ってか、配給会社さん、もっと持ってきてよ、ほんとにさぁ……)

さて、そんなタイ・ウェスト監督の心霊物で、
あのイーライ・ロスが「近年で最も素晴らしく、最も巧妙で、最も怖い」と、
Twitterで大絶賛して話題になり、トロント・アフターダーク映画祭でファンが選ぶ特別賞を受賞という、
なんだか、煽り文句的にはとても期待してしまう1本ですが、


えぇー、ぶっちゃけ、主人公の演技は面白いけど、ぶっちゃけうざくて感情移入できないし、
前半~中盤70分くらいは何も起こらないでマジ退屈だし、別にラストの方も怖くないし、
ストーリー的驚きも、感心もないし、どこらへんがイーライ・ロスやファンたちに受けたのか、
自分はサッパリわからん映画でした。


※ネタバレ有りなあらすじ紹介


ニューイングランドの古いホテルが、ついに閉鎖されることになり、
客の殆どいないホテルを閉館のその日までと、2人の従業員で管理しながら営業をしている。

この2人、心霊話などが好きで、このホテルにまつわる幽霊話
(昔、新婦が首吊り自殺をして幽霊になってホテル内を歩きまわる)
の真偽を確かめてやろうと考えている(特に女性のクレア)
インキーパーズ

ある日、霊現象を録音しようとしている最中、
インキーパーズ
誰もいないはずのロビーからピアノの音が聞こえ、
見に行ってみると、突然、ピアノが大きく鳴るのを目撃する。
インキーパーズ

今のが本物の霊現象か同僚に相談しても埒が明かなかったので、
たまたま宿泊していた、元女優で霊感がある有名人に相談に行く。

そこで霊視をしてもらうが「地下室にだけでは行ってはいけない」と忠告を受ける。
インキーパーズ

しかし、そんな忠告を聞いてなかったのか、無視してるのか、
地下で交霊を試みる従業員の2人
インキーパーズ
すると、マイクは何かの音を拾い、不気味な気配があたり一面を包み込む……。
と、同僚の男はビビって一目散に逃げてしまう。
インキーパーズ
(実は彼は、彼女の気を引きたくて、付き合ってただけで幽霊嫌いでしたとさ)

クレアも怖くなり、元女優を叩き起こし、地下を見てもらうが、
彼女は青ざめ「スグにここから逃げた方がいい、早く荷物をまとめなさい!」と焦る。
インキーパーズ

しかし、霊たちは既に目覚めていて……
インキーパーズ

インキーパーズ

ラスト、クレアの身に何が起こるか、気になる方はDVDで。


しっかしさぁ、この主人公のクレア、霊現象を見たい、体験したいと行動してるのに、
最初っから、最後まで、ちょっとしたことで「わーきゃー」と、毎回パニクるのが、
個人的にはカナリうざく、なんだこいつ状態で全く感情移入できませんでした。
しかも、地下に行くなと警告されて舌の根も乾かぬ間に、すぐ行くし、それも交霊までするし。
そりゃ「はい自業自得~」って感じで、どうにもこうにもイライラっとしました。


でも、イーライ・ロスもアフターダーク映画祭のファンたちも大絶賛の一本です。
肌に合う方もいると思いますので、興味がある方はどうぞ。

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。