More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こっくりさん劇場版 (★★)- AKB48鈴木まりや主演、こっくりさんの呪いを題材としたB級Jホラー
こっくりさん劇場版
前回の「2ちゃんねるの呪い」と同じ「永江二朗」作品。

連続だが、適当に観た2本が同じ監督だったという感じ。
言われてみると、オチの雰囲気ともども同じような作品(^^;

主演はAKB48の鈴木まりや。


※ネタバレ有りなあらすじ紹介


38年前に行方不明になっていた少年が、こっくりさんの紙と一緒に遺体で発見される。
こっくりさん劇場版

翌日、主人公の絵梨の母親が変死、
こっくりさん劇場版

他にも、少年と同級生だった、あるグループのメンバーが次々と変死。
こっくりさん劇場版

同じように親が変死した浩二と共に調べた結果、
彼らのいじめが原因で、少年が事故死していたことが分かる。
こっくりさん劇場版

結局、関係者全員の変死で事件は終焉を迎えたと思われたが、
浩二も呪いによって殺されてしまう。
こっくりさん劇場版

絵梨の学校の担任は、絵梨にもこっくりさんの呪いがかかってることを、持ち前の霊感で見抜き、
彼女を助けようと、こっくりさんによって呪いを解こうと試みる。
こっくりさん劇場版
が、呪いが強く解くことができない。
こっくりさん劇場版

そこで、呪いをかけたオリジナルの用紙と、少年が死んだ場所でこっくりさんを行い、
本人の霊と直接対峙して、呪いを解こうとするが……。
こっくりさん劇場版

こっくりさん劇場版

こっくりさん劇場版

こっくりさん劇場版

迷い込んだ異世界の学校で何が起こり、最後がどうなるのか、
気になる方はDVDでどうぞ。


心霊写真部含めて、視聴が何本目かになってきたので、
この監督の作品のパターンというか質が大体分かってきましたが、
なるほどねぇ、こんくらいの、こんな感じが味なんだなぁという風で、
過去作が満足できてる方や、鈴木まりやファンの方は暇つぶしにどうぞという感じです。



全く、映画とは関係ないんですが、
私は年代的に、第一次?こっくりさんブーム世代なので、小学生の頃、放課後になるとよくやってました。

そん時のエピソード(実話)です。

ある日、いつものように放課後になり、クラスの皆とこっくりさんで遊んでました。
いつものように、あれこれと、こっくりさんに思いつくままの質問などをして、
わーきゃーと盛り上がった後、「どうぞお帰りください」と〆を始めた時に、
いつもは「はい」とすぐに帰るこっくりさんが、何度頼んでも「いいえ」と帰ってくれない。
すると、やってたメンツのひとりが、
「このまま無理矢理終わらせたら何か起きますか?」と聞いた。
答えは「はい」、もちろんメンバー騒然。
必死に「お帰りください」と頼むが、答えは「いいえ」から変わらない。
このままじゃ拉致があかないと、結局10円玉から手を離し、
こっくりさんを終わらせることなく解散してしまいました。

で、その晩夜遅く(何時だったかは時計を見なかったので覚えていません)、
私は母親に、何度も頬を叩かれて目を覚ましました。
「あんた、なにやってるの!!」
母親は、動揺しながら、私を叱っています。
私はいうと、なぜか息苦しくむせているのですが、何が起こったのかサッパリ分かりません。
寝ぼけた頭で「なに? なんで怒ってるの?」と聞くと。
母親が夜中、トイレに起き、私の部屋の前を通ると、私がうめき声をあげてるの聞き、
部屋を覗いたら、なんと私は自分の手で、自分の首を絞めて苦しんでいたとのこと。
それで、私をひっぱたいて、首から手を剥がしたらしいのです。
私はそれを聞いても、さっぱり意味が分からず、そんな馬鹿なと思っていると、
母親が「見てみなさい」と私を洗面所の鏡の前に連れていきました。
鏡を見てビックリ。
首には、手で締めたような青あざがあり、恐る恐る自分の手を首に重ねてみたら、
自分の手の大きさとピッタリ。
ここにきて、私は事態を把握して腰が抜けるほどゾォーーっとしました。

しばらくして、気持ちが落ち着いた後、昼間のこっくりさんが帰らなかったことと、
「無理矢理終わらせたら何かが起こる」と言われたことを思い出して顔面蒼白。
もし、母親が偶然、私の部屋の前を通って、苦しんでいるのに気が付かなかったら、
今頃どうなっていたことやら……。

それから、2度と冗談でもなんでも、こっくりさんには関わらないことにしました。
(まぁ、正直、こういう映画を見てても「こっくりさん、こっくりさん…」の声が聞こえてくると、
 ちょっと、嫌悪感強く感じてます。ま「でも映画だし、自分でやってるわけじゃないから」と、
 言い聞かせながら見てたりします(^^;)

こっくりさんが、心霊的な物なのか、ただの集団催眠なのか、そんなことは分かりませんが、
自分の身に何かが起こったことだけは確かです。
みなさんも、こっくりさん遊びをするときには十分にお気をつけを……。

(えっと、釣りではなく、本当にマジ話です、はい)



「こっくりさん劇場版」の予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。