More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゾンビ・クロニクル2 (★★★)- ゾンビ世紀末のロードムービー型。ゾンビ集団と戦い続けのゲームっぽい雰囲気の作品です
ゾンビ・クロニクル2
監督は「ニック・ライオン」(スピーシーズ4やハルマゲドン(アルマゲドンじゃありません)の監督)
原題は「ZOMBIE APOCALYPSE」

さて、この作品「ゾンビ・クロニクル2」というタイトルだが、
なんと「ゾンビ・クロニクル」と関係はない。

そもそも「ゾンビ・クロニクル」が「エスケイプ・フロム・リビングデッド」の続編であって、
(原題は両方共に「Zombie Diaries」)、POVを作風にしていますが、
こちらは、その2作とは全く無縁なので、POVではない、普通の?ゾンビ映画です。

日本の配給会社(ってかアルバトロスがか?)は、
全くもって、ここら(大して売れてない作品)の適当さというか、
シリーズのデッチ上げや、シリーズなのに関係ない風にしたりがハチャメチャです。
中には、私のように、あれの続きだとか、楽しみにする人もいるんですから。。。。

しかし、このクロニクルシリーズは、今後も関係ないアルバトロスのゾンビものを
3とか4とかにするんですかね? ってか、シリーズにしたいほど、ゾンビ・クロニクルって売れたの?(^^;

まぁ、そんな話は、どうでもいいですな。すみません。

では、つまらないかというと、そんなことは全くなく。
港に向かい旅をするグループが、ゾンビに襲われ戦う→やっつけて逃げる→戦う→やっつけて逃げる→戦う……、という非常にゲーム的な展開で進んでいくロードムービーで、ゾンビとの戦いは多いので、それなりに楽しめました。


※ネタバレストーリー紹介


ある日、突然、世界中にゾンビが蔓延。
ゾンビ・クロニクル2

世界の人口の80%以上が、短い間にゾンビと化してしまいます。
ゾンビ・クロニクル2(いきなり日本も全滅していますw)

それから6ヶ月後。
ECM兵器により、世界中の機械も壊れてしまっている世の中ですが、人間は絶滅はしていません。
ラモナたち3人は、尽きた食料の調達&情報集めに、篭っていた小屋から街の方へ出てきます。
しかし、街にはゾンビが大量にいて、案の定、襲われ1人が喰われてしまいます。
ゾンビ・クロニクル2

そこに通りかかった4人組が、ラモナたち(生き残った)2人を助けてくれます。
ゾンビ・クロニクル2
彼らは、ゾンビがいないと言われている島、カタリナ島を目指している人たちでした。
そして、ラモナたちも、彼らと行動を共にすることに。

まずは都市の商店街に向かい、武器や食料を探しに行きますが、
再び、ゾンビの群れに見つかり戦うことに。
ゾンビ・クロニクル2

エアホーンなどを使い上手く脱出。
(ゾンビは音に反応するため、他の大きな音を聞くと意識がそちらに行くという設定)

町外れのレストランで食べ物も手に入れ一休み。
ゾンビ・クロニクル2
ゾンビ犬などの襲来もありますが、彼らはお互いの過去などを話しあったりして、絆を深めていきます。

再び、朝になり、他のパーティから聞ていた、セーフゾーン(避難地域)である学校に寄り道。
ゾンビ・クロニクル2

しかし、そこは既に人がおらず、なんと、ゾンビが「待ちぶせ」をしている狩場。
ゾンビ・クロニクル2
ゾンビ・クロニクル2

必死に戦うが、ゾンビの数が多く、ビリーは……。
ゾンビ・クロニクル2

なんとか、学校を脱出するが、次の地域でも、すぐさまゾンビの大群に襲わます。
ゾンビ・クロニクル2

ゾンビの中に、力が強く、動きも素早い連中が混ざっていて、ピンチに陥る5人。
そこにボーガンを使う3人組が現れ、助けられます。
ゾンビ・クロニクル2

が、キャシーとヘンリーとは、戦いの中、はぐれてしまいます。
ゾンビ・クロニクル2

しかし、お互いを信じ、目的地の港に向かうことにするそれぞれ。
ゾンビ・クロニクル2

港へ向かう途中、ちょっとした気の緩みからジュリアンは
ゾンビに噛まれ、ゾンビと化してしまい……。
ゾンビ・クロニクル2

そんな中、ヘンリーとキャシーは、激しい戦いをくぐり抜け、皆と合流。
ゾンビ・クロニクル2
ゾンビ・クロニクル2

そして、カタリナ島へ向けて、船が出ているという港に、やっとのこと辿り着きます。

これで一安心。

かと思いきや、港には……。
ゾンビ・クロニクル2(バイオハザード?!)

果たして、彼らは最後の難関をくぐり抜け(ボスを倒し)、街を脱出できるのか?
気になる方はDVDでどうぞ。

ゾンビがムシャムシャと人を食ったり、怖ッ!!という描写は、少ないですが、
戦って逃げるの繰り返しが、ステージをクリアしていくゲーム感覚で、テンポはまぁまぁですので、
そういうのでOKな人には、暇つぶし程度にオススメです。

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。