More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビッグハンマー・マサカー 血しぶきの狂宴 (★★★☆)- 超でっかいハンマーを振り回すゴッツイ殺人鬼が登場するゴアスプラッター
ビッグハンマー・マサカー
結構、ゴア目なスプラッターという感じの作品。

監督は「ステーシー・ダビッドソン」(ちょっと詳細わかりませんでした)
原題は「SWEATSHOP」(日本語だと、低賃金で過酷な労働をさせる工場。搾取工場という意味だそうです)

なかなか、個性的な殺人鬼が、ズシンズシンと暴れまわり、
人間を毟って・切って・潰していくといった、正統派な?殺人鬼ゴア系スプラッターです。
ここまで、ストレートなのは、減ってるんじゃないですかねぇ。
(本当に)よくわかりませんが、デモンズ風な女の化物もお供で出てきます。


※ざっくりネタバレありのストーリー紹介。


今は使われていない、廃倉庫でちょっぴり違法なパーティーを開いて、
一儲けしようとしようと、パンクな集団が現れます。
ビッグハンマー・マサカー

順調に、倉庫内に機材をセッティングしていき、パーティの準備を進めますが、
ビッグハンマー・マサカー

なんと、この倉庫には、
巨大なハンマーを持った謎の殺人鬼や、
ビッグハンマー・マサカー

その殺人鬼の、お供であるデモンズ風の女たちが
ビッグハンマー・マサカー
住んでいました。
(ってか、本当にコイツら何物なの?(^^;)

どうやら、倉庫に来た連中は、みんな彼らの獲物。
パンクな連中を、一人またひとりと殺していきます。

殺し方は色々。
ビッグハンマー・マサカー
力任せに、アゴやらなんやら毟っていったり。

ビッグハンマー・マサカー
指を、枝切り鋏で切り落としてから、下半身をハンマーで潰したり。

ビックハンマー・マサカー
お供のデモンズ女たちに、追っかけさせてから、
金網に向かって、ハンマーでドゴン!と叩いてミンチにしたり。

ビックハンマー・マサカー
枝切り鋏で、首を斬るのではなく、首に刺してから開いて首をモイだり。

もちろん、普通?に頭から叩いて、真っ二つのペッシャンコにだってします。
ビックハンマー・マサカー

(上記、あえてゴアなカットは避けてみました。ゴアシーンはDVDを観てのお楽しみということで)

スグにぬっころす時もありますが、
気の向くまま、捕まえて縛り上げ、拷問するときもあります。
ビッグハンマー・マサカー

そして、いつの間にか、客が集まってしまったパーティ開場に、ハンマーを持った、彼が登場。
ロックなダンスパーティは、ハンマーな殺戮パーティに早変わりして……。
ビッグハンマー・マサカー

ラストがどうなるかを気にする人は、それほどいないかと思いますが、
ハンマー男の暴れっぷりと、派手目な殺戮シーンが観たい方はDVDでどうぞ。

正直、ハンマー男の殺しっぷり以外に、見所はない(脚本など、逆にチョットやばめ)って感じですが、
その見所だけは、シッカリしてるので、まぁ、こういうのが好きな方は、暇つぶし程度にどうぞ。
(それでもカラっとしてるので、カラッとゴアを楽しめるかとw)

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。