More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MOTHER マザー (★☆)- パスカル・ロジェ監督のデビュー作。心霊物風だが、内実は頭の◯かしい女が◯チ◯イ女を騙して自滅していく映画
マザー
マーターズで強烈な作品を見せてくれたパスカル・ロジェのデビュー作。
2004年度のフランス映画(日本公開はマーターズ後の2009年)。今更ながら視聴。

原題は「Saint Ange」、英題「HOUSE OF VOICES」


系列としては「永遠の子供たち」や「機械じかけの小児病棟」のような作品だが、
まとまりが悪く、全体的に助長で、結局のところタイトルにも書いたような、
ピーな女がピーな女を巻き込んでひとりテンパイ暴走自滅物。



※ネタバレストーリー紹介



最初の雰囲気などは良い感じ。
マザー
孤児院。大きな共同トイレで「怖い子供たち」の話をする少女。
そこで起こる事故……。

そして、閉鎖の決まった孤児院にやってくるアンナ。
マザー
アンナは、以前の勤め先で酷い目にあり(奴隷扱いされて妊娠まで…)、
妊娠を隠してこの孤児院に働きにやってきた。

孤児院は閉鎖が決まったので、子供たちが一斉に他へ移されることに。
その折、アンナは1人の子供から、奇妙な忠告を受ける。
マザー

そして、戦前から行き先も決まらないまま、この孤児院にいる、
少し精神的におかしい「ジュディス」と出会う。
マザー

そんな孤児院で、アンナはお手伝いとしての新生活を始めるが、
不思議な声を聞いたり幻覚を見たり、
マザー

更に声に導かれるように「怖い子供たち」の存在を感じます。
マザー

そして、自分の妊娠のことを、施設の皆が知っていることが分かったあたりから、
マザー

彼女は精神のバランスが乱れていき、何かに取り憑かれたかのように、
孤児院が隠している、戦争中に孤児院で死んだ子供たちに何が起こったかを執拗に調べだします。

マザー

マザー

(真相は、単純に戦争で運び込まれた子供が300人もいたが、
 医者が二人しかおらず、治療をしきれなかっただけ?)

しかし、院長含め、誰も教えてくれない(調べられない)ために、
当時の記憶を持っている、ジュディスを騙して、情報を引き出します。
(飼っていた猫まで殺して、なついていたお手伝いさんがやったと思わせたり)
マザー

そして、壁(鏡)によって封鎖されていた古い施設を見つけます。
マザー

そして、そこでアンナは何を見るのか……、
気になる方はDVDでどうぞ。

マザー

マザー


って、ほど大したもんじゃないというか、そもそも、主人公含めて、誰にも感情移入できないし、
何を描きたいのかよく分からない、どんでん返しも、クライマックスの盛り上がりもない、
中途半端なB級映画です。


予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。