More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放送禁止 劇場版 ~ニッポンの大家族 Saiko! The Large family (★★★)- テレビでやっていたモキュの劇場版2作目。このシリーズを観てた、楽しみ方が分かる人だけが観ればいい作品
放送禁止 劇場版2
深夜番組でやっていた、放送禁止シリーズの劇場版2作目。2009年作品。

監督はTVシリーズと同じ「長江 俊和」


(ちょっと、今頃それ? というシリーズが続きます。
 会社事情でしばらく暇になったので、見逃してたのいくつか観ようっと、まとめて借りた次第)


(story)
世界各国の家族問題をテーマにドキュメンタリーを手掛けるカナダの女性映像作家、ベロニカ・アディソンは、
埼玉在住の大家族・浦一家に密着することになるのだが…。


私は、このシリーズ、始めてテレビで観たときは、ぶっちゃけ何が何だかさっぱり分からなかった。

観たことない人のために簡単に言うと、
「撮影したけど、様々な理由で放送できなかった、テレビ番組」
という体のモキュメンタリードラマ。

ただし、特徴的なのは、番組(という体裁)の中身で言ってることとは別に、
裏で「何かが起きている」らしく、ただし、それは一切説明しない。
「あなたには、この映像の真実が見えただろうか…?」と提示して終わりという、
ちょっと変わったドラマです。

この劇場版2は、テレビ放送の第2話の話の続き的な設定と物語になっています。


(表ストーリー)
カナダのドキュメンタリー番組が
放送禁止 大家族

日本のとある大家族、浦さん一家を取材します。
放送禁止 劇場版2

しかし、この家では、様々な家族の問題を抱えています。

三女、梨枝による家庭内暴力や、
放送禁止 劇場版2

長男がグレた上に引きこもりになっていたり、
放送禁止 劇場版2

長女の林檎は、連絡を経ったまま、風俗店で働いていたり、
放送禁止 劇場版2
(父親の純夫さんが見つけたシーン)

そして、下の子供、檸檬の自転車の故障による事故や、
次男の隆太がベランダから落ちて、重症を負ったり…
放送禁止 劇場版2
様々な事件も起こります。

そもそも、この一家の「前の父親」は、テレビの取材中に、
謎の心霊写真の所為で、行方不明になっています……(TV版の第2話)
放送禁止 劇場版2

放送禁止 劇場版2

放送禁止 劇場版2

しかし、新しい旦那、純夫さんは、
みんなと本当の家族になるためにがんばります。

純夫さんの頑張りは、やがて報われ始め、
長女の林檎は風俗をやめ家に帰ってきて、
放送禁止 劇場版2

隆太は無事回復して退院。
放送禁止 劇場版2

家庭内暴力を働いていた梨枝とも分かり合うことが出来ます。
放送禁止 劇場版2

そして、笑顔が戻った家族揃って、仲良くピクニック。
放送禁止 劇場版2
そこには、引きこもっていた長男の姿も見えます。

放送禁止 劇場版2
とハッピーエンド……のはずでしたが、この撮影の直後、
この家族にある不幸が訪れます……。

何が起こってしまうのか気になる方はDVDでどうぞ。


というのが、表のストーリー。

さて、ただしこのシリーズの楽しみ方は、そんなことではありません。
一見、上のようなドラマの裏に、何が潜んでいたか?分かりますか?というドラマです。



※以下、推測交えたネタバレ
(種明かしをしない、ドラマなので、過去のシリーズと同じような点を拾った想像です)




ネタバレ(あくまで推測)全開でいってしまいますが、
前作、放送禁止第2話の大家族編では、
大家族取材中に、心霊写真の呪いで、旦那さんが行方不明となってしまいますが、
実は、家族たち(母親と長男、長女、次女くらいまで?)が、
DV野郎だった父親を殺害している……ということが裏ストーリーとして読み取れるという内容でしたが、
まずは、それの種明かし(補強)が、挟まっています。

長男の部屋に貼ってある習字。
大家族 劇場版2
はい、ストレートですな。
「バット一発」「十三振だ」 → 「バット一発で、父さん死んだ」という訳ですな。

さて、殺した父親がどうなったのかというと、食卓に並ぶ自家製の野菜。
それを育てている花壇を、子供たちがいじろうとした時の反応がわかりやすいです。
放送禁止 劇場版2
「ここで遊ぶなって言ったでしょ!!
 お前たちなんていなくなったって誰も困らないんだよ!!!」
と下の子供達にマジギレする母親。

そして、新しい父親だけに出される「特別な食事」。
前回(バットで)殺す前にヒ素をもって弱らせていたという裏があり、
放送禁止 劇場版2
(父親の前に、実験?でヒ素を盛られていた猫が死んだのを、絵に書いてる子供)
今回もどうやら、新しい父親に毒が盛られているらしい。

どうやら、母親の目的は保険金のようで、
要所、要所で、保険を匂わせることが出てくる。
放送禁止 劇場版2
「いつもお母さんが『ほけん、ほけん』と言うので、
 保健体育を勉強しろってことかと思って、頑張ってます」

更に、魔の手は、子供たちにも向いていることが分かります。

長男がベランダから落ちた時、2階に写る影…
放送禁止 劇場版2

そして、居間に飾ってあるフルーツバスケットには…
放送禁止 劇場版2
自転車の故障による事故にあった檸檬(レモン)と、
ベランダから落ちた隆太(りゅうた=ドラゴン)を
象徴するようにレモンとドラゴンフルーツに包丁が刺さっている。

更に、隆太が落ちた後、ある相手と電話で話しているが、
その手元には……。
放送禁止 劇場版2

そして、テレビ取材中に子供たちが、前の父親の話をする時には、
『必ず』母親が、見張るように隠れて聞いています。

放送禁止 劇場版2
(鏡に写る……)

放送禁止 劇場版2
(子供の後ろ、家の角から…)

放送禁止 劇場版2
(廊下から、顔だけをソっとだす…)

はははは、(ワザとでしょうが)どれも心霊写真みたいですなw

そして、ひきこもりの長男の「習字」は、雄弁に自体を告げます。

放送禁止 劇場版2
「ハハハ」「サイコーです」 → 「母は、サイコ(パス)です」

放送禁止 劇場版2
「強打」「行こロス」 → 「兄妹(兄弟、姉弟)、殺す」

過去のシリーズだと、もう少しヒネってあったりするのですが、
ヒネリすぎて訳がわからなくなってるのも多かったので、
今回は、意外とストレートです。

そして、キャンプの前日、長女と長男が何かヒソヒソ話をしています、
そこには……
放送禁止 劇場版2
「猛虎」「ロスしかない」 → 「もう、殺すしかない」

という訳です。

さて、これでキャンプで何が起こったかの真相も分かるかと思います。
(放送禁止2話を見てる人ほど、途中まで騙されて「おっ!」と驚くかと思います)

しかし、エンディング前の食卓風景は、ストレートに受け取っていいのか、
はたまた、あそこにも、深い意味があったのかは……チョットよく分かりませんでした。

そして、ドキュメンタリーの最後として、
カナダ人のベロニカは、浦さんの一家は「サイコー」と連発しますが、
恐らく、ベロニカは裏の事実に気づいて
「浦一家は、サイコ(パス)だ!」と訴えている…んだと思いますが、どうでしょうかねぇ?(^^;


予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

コメント
ニコ生で観ました
ニコ生で観ました。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv145728110

意味が分からなかったので検索し、この記事にたどり着いた次第です。

途中から薄々気付いていましたが、やはりただのドキュメンタリーでは無いのですね...。
2013/08/03(土) 17:22:02 | URL | @iKoyaKun #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。