More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イン・ザ・ダークネス (★★)- アンバー・ハード主演、異国の地で自転車旅行中に友人が行方不明になり…といった捻りのないサスペンス
イン・ザ・ダークネス
アンバー・ハード主演と聞いて、観るか観ないか判断していい程度の他に見所がない作品。

アメリカ/フランス/アルゼンチンの共同制作作品。
監督は(アルゼンチンの?)「マルコス・エフロン」(初長編作品)
原題は「AND SOON THE DARKNESS」


(story)
エリーとステファニーは、スリルを求めて退屈なグループツアーを抜け出す。
たどり着いたのはアレマナという町。 地元の少女が最近行方不明になったという噂をよそに、
2人は旅行最後の夜を祝い、エリーの失恋ムードを吹き飛ばそうと、夜の町へ。
ところが2人は大喧嘩をしてしまい、その後、エリーが姿を消してしまう・・・。
1人取り残されたステファニーだが、消えた親友の身に大きな危険が迫っていることに気づく・・・。


※終盤までのネタバレありストーリー



女性が監禁され、拷問されるシーンからスタートします。
イン・ザ・ダークネス
(ここで「これは、監禁殺人物か……」と思ったら負け=思って負けました……)

主人公のエリーと友人のステファニーは異国の田舎を自転車旅行中。
イン・ザ・ダークネス

イン・ザ・ダークネス
女性2人、警戒心も少なく、なかなか度胸が座っているというか、なんというか…。

だってこの街、若い女性ばかりが行方不明になっているのです。
イン・ザ・ダークネス
アメリカ人は、これくらい気にしないんですかねぇ(^^;

しかし、些細な事から喧嘩して、エリーは単独行動を取ってしまいます。
イン・ザ・ダークネス

そして、1人になったステファニーに魔の手が……。
イン・ザ・ダークネス

いつまでも連絡がとれないステファニーを探しに戻るエリー。
しかし、行く先々で謎の男に出会います。
少し、気味が悪と思いながら、一緒にステファニーを探してもらいますが、
イン・ザ・ダークネス
そこで争った形跡や血痕を見つけます。

スグに警察に連絡しますが、警察はまともにとりあってくれません。
イン・ザ・ダークネス

その上、ちょっと目を離した内に自転車は壊され、荷物も盗まれてしまいます。
イン・ザ・ダークネス

そして、自分につきまとうように現れる謎の男が犯人だと、彼を追い詰めようとしますが、
イン・ザ・ダークネス
実は彼も同じように消えた恋人を探していることが分かり、手分けして探すことに。

その後、酒場で見かけた男を尾行して、
イン・ザ・ダークネス
ついにステファニーが連れされたらしい場所を見つけますが……。

イン・ザ・ダークネス

果たしてエリーとステファニーの運命は……。
気になる方はDVDでどうぞ。


ちなみに、ここから先が、この映画の一番面白いところではありますが、
ラストも含めて全体なんですが、お話が単純というかストレートというか、
捻りや驚きが全く一切なく、流れのまま平凡で淡々と進んで終わります。

どうやったら、ここまで地味な作品にできるのだろう?(^^;
って感じで、本当にアンバー・ハードだけで、もっている映画です。

私自身は、ザ・ウォード、ドライブ・アングリーと、
最近、気に入った作品のヒロインだったので応援する気持ちでなんとか観れたという感じ。

アンバー・ハード主演の割には日本未公開という点で推してはかるべしというところでしょうか……。

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
アンバー・ハード主演と聞いて、観るか観ないか判断していい程度の他に見所がない作品。アメリカ/フランス/アルゼンチンの共同制作作品。監督は(アルゼンチンの?)「マルコス・エフロン」(初長編作品)原題は「AND SOON THE DARKNESS」(story)エリーとステファニー...
2012/06/09(土) 19:28:34) | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。