More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第7鉱区 (★★☆)- 石油ボーリング船上を舞台にした、モンスターパニック映画
第7鉱区
韓国産の洋上を舞台にしたモンスターパニック物。

主演は「ハ・ジウォン」(「TSUNAMI-ツナミ-」「私の愛、私のそばに」など)
第7鉱区

共演に韓国の国民的俳優「アン・ソンギ」(「墨攻」「シルミド/SILMIDO」など)
第7鉱区


(story)
九州の西、東シナ海の大海原に浮かぶ「第7鉱区」。石油ボーリング船エクリプス号では、
“産油国”を夢見て、ヘジュン(ハ・ジウォン)ら隊員達が必死に作業を続けていた。
ある日、突然本部との交信が途絶え、隊員達が次々と何者かに襲われていく。
逃げ場のない閉ざされた空間で、一体何が起きているのか―?
そこに姿を現したのは、謎の巨大な深海生物だった。やがてその驚くべき正体が明らかになり―。


お金をかけて丁寧に作ってる割には、この手の映画では何が面白いのかが、
よくわかってないで作ってる感がスゴイする作品です。

アン・ソンギを出して(他国では全然普通ですが、韓国では嫌いな人がいないと言われる国民的俳優)、
CGモンスターを暴れさせよう。って感じだけで、恐らく、この手のジャンルが好きだったり、
情熱を持ってる人が、制作陣にいないんだろうなぁという、なんか綺麗すぎる出来栄えです。
(作品そのものの出来は意外とシッカリしています)


内容的には、韓国映画特有のお笑い要素を入れながらの人間ドラマが30分ちょっと。

そこでやっとドラマは展開。
研究者の女性が精液のようなものをかけられた状態で、突き落とされて殺されます。
第7鉱区
(んでも、これって、後で何が起こったか分かるのですが、
 思いっきり辻褄があってない気がします(-_-;))

殺された女性にストーキングしていた男が犯人と思われますが、
第7鉱区

船内には既に、巨大なモンスターが入り込んでいて……。
第7鉱区
という展開。

そして、怪物がでてきた後は、CGバリバリのそいつがひたすら暴れるだけ。
第7鉱区
バイクチェイスシーンなんてもあります。

しかし、怪物がなんで執拗に人を襲うのか、どういうルールがあるのか、一切設定なし。
とにかく、追っかけてきて、逃げるだけで最後まで。メリハリもちょっと弱い感じがしました。

「うははは! 作ってる人、こんなん好きねぇ!」
ってのが、一切ないモンスター物ってのもなんか珍しいです。

はてさて、怪物と彼らの決着はいかに?!
第7鉱区

第7鉱区

なんてことが気になる方や、韓国産のCG映画が好きな方はDVDでどうぞ。


予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
韓国産の洋上を舞台にしたモンスターパニック物。主演は「ハ・ジウォン」(「TSUNAMI-ツナミ-」「私の愛、私のそばに」など)共演に韓国の国民的俳優「アン・ソンギ」(「墨攻」「シルミド/SILMIDO」など)(story)九州の西、東シナ海の大海原に浮かぶ「第7鉱区?...
2012/05/27(日) 18:03:10) | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。