FC2ブログ
More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーボー・ウィズ・ショットガン (★★★★)- ルトガー・ハウアー主演、グラインドハウスの嘘予告が本当の映画になって帰ってきた。そうそう出会えない、血まみれバイオレンスB級アクションです。
ホーボー・ウィズ・ショットガン
ルトガー・ハウアーが、ショットガンで街の悪党どもを皆殺しにしていく血みどろアクション映画。

クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスの
グラインドハウスで募集されたフェイク予告編で、
一般応募作でありながら最も評判の高かった作品の映画化です。

原題も「HOBO with A SHOTGUN」

ちなみに、アメリカでは18禁指定を受けた作品。

(※Blu-ray視聴でスナップショット取れず。画面をデジカメで撮ってみましたw(写り悪いです)。
  Blu-rayのスナップショットがとれるシェアウェアを買い、取れるようになったのですが、
  困ったことに最近のBlu-rayは全滅。その後3回のバージョンアップでもアウト。
  おそらく、日本の著作権保護技術の方が複雑なことをやってるのかな?と思います。
  無駄なもんに金かけないで、ソフト安くしろバカ野郎って感じです)


はてさて、ぶっちゃけ、面白い!!

哀愁ただよう歪んだ正義といった脚本の主軸もよく、
構成そのものも意外とシッカリできていて、アメコミ的な雰囲気と、
カラッとした血みどろ感に爽快感がバランスよく配合されていて、
かなり出来のいい極上のスプラッターアクションになっています。



※ネタバレありなストーリー紹介




街から街へさすらうホーボー(ルトガー・ハウアー)が訪れた街は、
犯罪者が我が物顔で、犯罪を犯し続ける狂った街。

強制売春、麻薬の売買はもちろん、強盗、暴行、殺人まで、
当たり前のように、堂々と行われている、メチャクチャな街。

ホーボー・ウィズショットガン
金を渡して、浮浪者を痛めつけてビデオ撮影をしてる若者

ホーボー・ウィズショットガン
ロリコン野郎の幼女誘拐まで、普通に起こります。

街を牛耳っているギャング、ドレイク一家に逆らうものは町中で処刑。
ホーボー・ウィズ・ショットガン

誰も何もできません。

最初は見て見ぬふりをするホーボーですが、目の前で女性が襲われているのに我慢できず、
ドレイク一家の長男をぶちのめして、警察に突き出します。

んが、この街は警察もギャングの味方。
ホーボー・ウィズ・ショットガン

逆にリンチを受け、瀕死で街に捨てられます。
そこで、先程助けた女性(アビー)に助け返され、一時の安らぎを得ます。
ホーボー・ウィズ・ショットガン

そして、女性と話をしながら自分の目的(芝刈り機を買って、芝刈り屋を始める)を思い出し、
お金を稼いで、こんな街を出ようと、心に決めます。

ホーボー・ウィズ・ショットガン
夢のために、浮浪者を痛めつけて金を払う男の元へいったり…。

そして、苦労して手に入れた金で、ついに芝刈り機を買おうとお店に行くと…。

ホーボー・ウィズ・ショットガン
強盗が店に入ってきて、小さな子供とお母さんを殺そうとします。

ついに、ホーボーの怒りはMAX。
芝刈り機と同じ金額で売っていたショットガンを手に取り…

ホーボー・ウィズ・ショットガン

街の悪党どもの一掃に乗り出します。

ホーボー・ウィズ・ショットガン

ホーボー・ウィズ・ショットガン

さて、そんなことをされてギャングも警察も黙ってません。

報復として、スクールバスを襲い、子供たちを丸焼きにします(これがPG18+の原因?(^^;)
ホーボー・ウィズ・ショットガン
火炎放射器で子供たちを焼き殺すギャング。

そして、テレビ電波を使い、子供たちを殺されたくなければ、浮浪者を殺せ!と脅します。
ホーボー・ウィズ・ショットガン

ホーボーは再び助けたアビーとともに街を出ようとしますが、
ギャングにバレ、襲われます。なんとか返り討ちにしたところ、
ギャングはついに、最恐の殺し屋をホーボーに差し向け……。

ホーボー・ウィズ・ショットガン
日本アニメ的な、すげぇ殺し屋たち。カナリいいキャラですww

はてさて、ホーボーとアビーの運命やいかに!
(少し悲しい結末が気になる方は、DVDでどうぞ)

ホーボー・ウィズ・ショットガン

ホーボー・ウィズ・ショットガン

こんなん好きな人はぜひ、といった1本です。

予告は↓


元となったオリジナルの予告編はこちら↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

コメント
文句なく楽しめました!
キャッチコピー通り5分に1回は血しぶきですね。ルトガー・ハウアーがかっこいいじいさんです。
とにかくテンポのいいアクションとグロシーンの連続で一気に見れました。
大事なところを攻撃された兄ちゃんには悪いけど、笑っちゃいました。
ラストはちょっと切ないねえ。
2012/05/26(土) 21:28:52 | URL | ミス・マープル #-[ 編集 ]
Re: 文句なく楽しめました!
おぉ、そんなキャッチコピーがあったのですね。
もっと泥臭くて雑かと思いきや、結構センスよく血みどろなのがよかったです。

兄ちゃん、なかなか美味しいキャラでしたよね、
最後の自分が燃やしたスクールバスに連れられてあの世に行くシーンはとても好きです。
2012/05/27(日) 19:49:24 | URL | ChihiRoc #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
ルトガー・ハウアーが、ショットガンで街の悪党どもを皆殺しにしていく血みどろアクション映画。クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスのグラインドハウスで募集されたフェイク予告編で、一般応募作でありながら最も評判の高かった作品の映画化です。原題も...
2012/05/26(土) 18:24:14) | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。