More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラバー (★★☆)- フランス発、意思を持った殺人「タイヤ」のシュールすぎるブラックコメディホラー
ラバー
フランスからやってきた、奇妙奇天烈なヘンテコホラー。

監督は本作で2作目の映画だという「クエンティン・デュピュー&カンタン・デュピュー」(兄弟?親子?)
原題もそのまま「RUBBER」


最初から最後まで徹頭徹尾、兎にも角にも変な映画です。


※以下、ネタバレのストーリー解説





映画が始まると、パトカーから降りてきた物語の語り手となる警官が、
「映画に理由なんてないんだ」と画面に向かって言いだすところから始まります。

ラバー

そして、警官の前に集まっている「観客」が、双眼鏡で、この物語を観だします。

ラバー
その上「もう飽きた」と子供が愚痴ったりして、酷いスタートですw

さて、物語は主人公であるタイヤに移ります。
捨てられていたタイヤがモゾモゾと動き出し、よいしょと立ち上がり、
さながら歩く練習をしてるかのように、ゆっくりと転がり出し、前へ前へと進んでいきます。

ラバー

最初は紙パックや小さな虫(サソリなど)を踏みつぶして進んでいきますが、
ビール瓶に出会い、その硬さから壊すことができず、身を震わせるとサイコキネシスを取得。
その力で瓶をみごとに破壊、ららら~と鼻歌が聞こえてきそうに楽しげに進んでいきます。

すると、1匹の無防備なウサギに出会います、タイヤはそのウサギを見つめ殺害にチャレンジ。
ラバー
身につけた超能力で軽くふっ飛ばします。ついでに出会ったカラスもサクサクと爆破。
(ちなみに、「観客」がウサギの死体を拾ってきますが「撮影用の偽物だ」と動物愛護にもフォロー)

そして、道路にでて、ついにその矛先は人間へ。
ラバー
それは見事に頭をふっ飛ばします。

その後は、モーテルに無賃宿泊。
お姉ちゃんのシャワーを覗いたり、スポーツ観戦したり、シャワーを浴びたりetc。
(これまたちなみに、夜になるとチャンと「寝ます」)

ラバー

もちろん、邪魔をする人間は「ボン!」です。

しかしながら、展開に疲れていた語り手の警官は、
「映画を終わらせよう」と、双眼鏡で見ている観客たちを殺す算段をたて、食事に毒を混ぜて皆殺し。

ラバー

「はいはい、観てる人がいなくなったので終わり終わり!」と、部下たちに宣言。
部下たちは、もちろんキョトンとしてるので、
「これは現実じゃないんだ、試しに俺を銃で撃ってみろ」と撃たせます。

ラバー

しかし、物語は終わりません。
なんと観客の1人が、食事を食べずに生き残っていたのです。

かくして(諦めて)、物語は続行していきますが、被害はドンドンと広がっていき、

ラバー

ラバー

面倒くさくなった警官は、適当なおわらせ方をしようとしますが……。

どうでもいいラストが気になる方は、DVDを御覧ください。

まぁ、なんにしても、くだらない映画ですが、類を見ない映画であることも確か。
こんな映画に興味がでてしまう、勇者にはオススメです。

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

コメント
これはある意味大冒険
最後まで意味不明でした。
タイヤによる殺人もワンパターンだと飽きてきます。
なんだろう。
芸術的な映画にしたかったのでしょうか。
2012/05/06(日) 09:26:16 | URL | ミス・マープル #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
フランスからやってきた、奇妙奇天烈なヘンテコホラー。監督は本作で2作目の映画だという「クエンティン?)原題もそのまま「RUBBER」最初から最後まで徹頭徹尾、兎にも角にも変な映画です。※以下、ネタバレのストーリー解説映画が始まると、パトカーから降りてきた物語?...
2012/05/05(土) 10:40:24) | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。