More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
REC/レック3 ジェネシス (★★★☆)- 新設定登場。だが、いつものRECと雰囲気が違い、平凡な感染ゾンビものになってる感あり
REC3
ジャウマ・バラゲロの出世作「REC」の3作目。スパニッシュホラー。

監督は今まで共同監督に名を連ねていた「パコ・プラサ」がソロで制作。
(バラゲロは、同時期クランクインした「REC4」を監督中)
主演は「レティシア・ドレラ」。原題はそのまま [REC]3 GENESIS 。

<劇場鑑賞のため、画像はググって拾ったものです>


(story)
ある日、バルセロナの結婚式場でコルドとクララの挙式が執り行われる。
純白のウェディングドレスに身を包み、幸せいっぱいの新婦クララ。
そんな彼女の晴れの舞台を友人のプロ・カメラマン、アトゥンが本格的な映像で記録していく。
やがて式を終えた一行は披露宴会場へと移動し、盛大なパーティが始まろうとしていた。
が、その時、病院で犬にかまれたと手に包帯を巻いていたペペ叔父さんが突如豹変、
妻の首筋に猛然と噛みついたのだ。やがて、逃げまどう人々で大混乱となる大広間だったが…。


物語はドキュメンタリータッチで、ごくごく普通の結婚パーティから始まる。
REC3

そして感染者が発病すると同時に、会場の窓やドアから感染者がなだれ込んできて大パニックとなり、
REC3
「REC3」とタイトルがでるあたりは、なかなか考えられた構成でツカミはいい感じです。
(ちょっぴり、クローバーフィールドっぽいなぁとは思いましたが)

で、こここからは、今までのシリーズと違い、
カメラは壊され、普通の映画となります(そう前半以外は、一部、POVが挟まるが、それ以外は普通の映画)

まぁ、それはいいんですが、前2作のような恐怖や本気で息するのも忘れるような緊張感にハイテンションは、
完全になりを潜めて、なんか普通の感染(ダッシュ系)ゾンビ物(っちゅうてもゾンビじゃないですが)に
なってしまってます。



以下、ネタバレ含んでいます。






テーマも「愛」のようで、妻と夫が、最初のパニックで離れ離れになってしまいますが、
お互い、生きてると信じて、相手を助けようと戦いますが、そこをメインに置かれてもねぇ、RECだし。

それに、微妙にギャグな香りが漂ってしまってる箇所もチラホラあって、

夫役の「ディエゴ・マルティン」が妻を探すために、伯父さんと一緒に、
中世の鎧を身に着けて、探索するんですが、至ってまじめにやってますが、まぁ、ギャグっすよね?
それとスポンジボブ(著作権の関係でスポンジジョン)の着ぐるみを来て活躍するオッチャンがいたりなど。

極上の恐怖をくれてた前2作と、完全にカラーが違う感じがします。
そういう映画として観れば、それほど悪くはないかとは思いますが。

割りきってしまえば、楽しいシーンもいくつかはあり、なんつっても、
REC3
ポスターにもなってるシーンで、レティシア・ドレラがチェーンソー片手に、
バッタバッタと感染者を切り刻んでいくところは、なかなかスプラッターホラーしてて良い感じです。

さて、RECではシリーズごとに設定が明かされていく展開が用意されてますが、
今回も、もちろん用意してありますが、なんか4作目の邪魔になりそうな
(というか無かったことなりそうな気すらする)設定です。

REC3前からでてるこいつの正体ですが……
鏡に映った感染者でした。
なんと、彼らは鏡には全く違う姿↑に映るのです。
(完全なネタバレにて反転)

そして、神父の説教(聖書の言葉)を聞くと、動きが完全に止まるという、
神父が無双な強さを発揮する新設定が追加されてます。
(完全なネタバレにて反転)

うわぁー、まぁ、前の状況では気づかないのも仕方ないという設定ですが、
いらないんじゃないか…それ…?って感じ?
っちゅうか2と設定ずれてない? そんなことないか……?

とか思いましたが、何はともあれ、
「うーん、やっぱ、バラゲロのパート4が早く観たい!!」
というのが、まとめの感想って感じです。

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。