More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カウボーイ&エイリアン (★★☆)- 西部を舞台にエイリアンとドンパチ。製作者やキャスティングは豪華でお金もかけてるけど、A級になりきれてないのにB級の楽しさもない残念な作品
カウボーイ&エイリアン
6代目ジェームズ・ボンドの「ダニエル・クレイグ」主演で、「ハリソン・フォード」までメインどころで出演。
ヒロインは、Dr.HOUSEの13番こと「オリヴィア・ワイルド」。

監督はアイアンマンの「ジョン・ファヴロー」。制作に「スティーブン・スピルバーグ」となかなか
豪華な名前が並ぶ映画です。原題は邦題と同じ「COWBOYS & ALIENS」


(story)
1873年、アリゾナ。荒野で目を覚ました一人の男は、なぜここにいるのか、
自分が誰かさえもわからなかった。 そして腕には奇妙な腕輪をはめられていた。
カウボーイ&エイリアン

彼はダラーハイドという男に支配された西部の町へたどり着く。
その夜、突如として未知の敵が襲来。次々と住人がさらわれる中、
カウボーイ&エイリアン

彼らが最後に頼ったのは記憶喪失のカウボーイだった。
いったいこの男は何者なのか。そして侵略者の目的とは?
その時、男の手にはめられた謎めいた銀の腕輪が青い閃光を放ち始めた…
カウボーイ&エイリアン


まぁ、アイアンマンが面白かったのと、制作にスピルバーグがいたり、
ハリソン・フォードまで、出演してるという訳で、期待してしまうのも仕方ないかと思いますが、
派手な割に、心に残るような見所があまりないし、驚きが殆どない。
チープなストーリーに、どこかで見たことあるような展開や美術デザイン。

カウボーイ&エイリアン
スカイライン的な光を見ると意識を失う人々

カウボーイ&エイリアン
人を攫う飛行型兵器

お金はかかってます、でも微妙(^^;
役者のパワーバランスも影響してたり、西部劇の良い所と、SFの派手なところの融合とか狙ったり、
なんか主題や、キャラ立てが、どうにもまとまらなかったって印象が強いです。

誰を描きたいのか、何を描きたいのか、全部散漫。

記憶喪失の主人公、謎のヒロイン、最初悪役風で息子を攫われる街の権力者ハリソン・フォード、
妻を攫われた酒場のダメ店主(サム・ロックウェル)、父親を攫われた少年の成長、
土地を奪われたアパッチ、主人公の元部下たちで列車強盗をしようとしてたならず者。
そして、何かの目的をもって活動しているエイリアンたち。

まぁ、まとまらないでしょ。
キャラ削って、主題を決めて、90分にすればよかったと思います(120分いらない)


話としては、記憶喪失で左腕にサイコガンじゃなかった、謎の光線銃を持つ主人公が、
ある街をおとずれると、エイリアンが、襲ってきて人を攫っていきます。
で、街の連中と、攫われた人を助けに行く道中、ならず者やアパッチと出会い、
最後は共闘して、エイリアンと戦うって感じです。
カウボーイ&エイリアン

カウボーイ&エイリアン

まぁ、細かいこと気にしなければ、お金をかけたハリウッドエンターテイメントとして、
暇つぶしにはなるでしょう。という感じです。

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。