More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デモンズ’95 - 1994年作、埋葬された人が毎日生き返ってくる墓場で墓守をする男たちの愛と葛藤のゾンビ映画
デモンズ95
1994年のミケーレ・ソアビ監督作品。
(デモンズのタイトルは、日本のビデオメーカーが勝手につけてるだけでシリーズではありませんえん)

デモンズシリーズ(と言っても正統シリーズは2まで)は3以降が手に入れようとしても結構レア。
この作品もプレミアってしまってて、手に入らんと困っていましたが、
ちょっと前に、マカロニ・ホラー・コレクションボックスの新品をゲット。
久しぶり(当時、映画館で観た以来)に観てみました。

イタリアのコミックが原作(原作者はディラン・ドックで有名なティツィアノ・スクラヴィ)
原題は「DELLAMORTE DELLAMORE」。アメリカ公開時は「Cemetery Man」


(story)
ある墓場では、墓に埋められた死者が夜になると7日以内に蘇る。
主人公のフランチェスコは墓守で、毎晩、銃を片手に、蘇った死者の頭を撃ち抜き、
デモンズ95
相棒のナギと一緒に、元の墓穴に死体を戻す。
デモンズ95
彼にとっては、それは退屈な日常。
困っていることは、いつも夜の仕事に残業代がつかないことくらい。

そんな生活の中、フランチェスコは1人の未亡人と恋に落ちるが、
墓場で愛しあってる最中、彼女は死んだ旦那に噛まれて息を引き取ってしまう。
フランチェスコは彼女が生き返らないことを願うが……。
デモンズ95


と言ったストーリー。

気だるさがある、ゆったりとしたペースに、独特なストーリーテーリング、
皮肉の効いたブラックコメディ風味の悲劇、それらがソアヴィ作品の雰囲気とマッチし、
非常にクオリティの高い、イタリアゾンビ映画の傑作に仕上がっています。
今見ても「あぁ、やっぱソアヴィの最高傑作だわ、これ」と思いました。

毎晩のように蘇るゾンビたちも、なかなか個性的です。

ボーイスカウトの乗ったバスが事故を起こし、運び込まれた少年たち。
デモンズ95

フランチェスコが愛した女性。
デモンズ95

バイク事故で、バイクごと埋葬されたあんちゃん。
デモンズ95

なんてゾンビが次々と出てきます。

しまいには、死体を殺していることを、死神?に怒られたりもします。
デモンズ95

ちなみに、相棒のナギも、好きになった子の首と、愛を語り合ったりします。
デモンズ95

そして、フランチェスコは、3回の同じ顔をした女性との失恋をしながら、暴走し、
この街、生活から、ナギと一緒に逃げ出そうとしますが……。
どうなるかは、DVDをご覧下さい。

アクエリアスもリマスターされましたし、その内、これも来るかな?
(個人的には、その前に、デモンズ3を再販して欲しいー、とか思ってますが)

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。