More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドライブ・アングリー (★★★★☆)- 不死身のニコラス・ケイジがデスペラードのバンデラスなみに銃をぶっ放し、アメ車で爆走しながらカルト教団と戦うオカルト・アクション映画
ドライブ・アングリー

カルト教団と戦う不死身のヒーロー役に「ニコラス・ケイジ」。ヒロインに「アンバー・ハード」
ドライブ・アングリー

監督は「ドラキュリア」シリーズ、「血のバレンタイン3D」の「パトリック・ルシエ」。
(ちなみに、このドライブ・アングリーも劇場は3D上映。なぜ、Blu-rayで3D出てないのかは謎)
原題も邦題と同様に「DRIVE ANGRY」


(story)
凶悪なカルト教団に愛する家族を奪われ、復讐の旅を続けるジョン・ミルトン。
その危険な旅に巻き込まれてしまったウエイトレスのパイパー。
二人の旅は、FBIを名乗る男の追撃を受け、危険度を増していく――。
果たしてミルトンとパイパーの運命は?
追う者と追われる者、男のプライドをかけた壮絶な戦いは限界を超えて加速する。


や、面白い!!!!
ぶっちゃけ、こんなハチャメチャなホラーアクションだと思ってなかったのですが、
いやぁ~、楽しい映画です、こんなん大大大好きです。

娘を殺し、娘の子供を攫ったカルト教団を、執拗に追いかけ殺していくミルトン役のニコラス・ケイジと、
喧嘩っ早くて、心優しいテキサス女性パイパー役のアンバー・ハードが、なかなかハマリ役です。
(アンバーは、ゾンビランドやウォードとは、全然違う魅力を見せています)

設定も好きですが、小物や、
ドライブ・アングリー
「神殺しの銃」

個性的なキャラクター、
ドライブ・アングリー
「自称FBIの謎の男」

ドライブ・アングリー
「ミルトンが追う、カルト教団の教祖」

などキャッチーさ色々満載で、
銃撃戦も派手派手、
ドライブ・アングリー
「お楽しみの最中の銃撃戦」

ドライブ・アングリー
「デスペラードを彷彿とさせる、ポーズありきの銃撃戦」

カースタントもてんこ盛り、
ドライブ・アングリー
「弾倉全部ぶち込んで、車を穴に落とす」

ドライブ・アングリー
「飛び跳ねた車の下からショットガン連射」

いやいやディ・モールト素晴らしい!
今年観た映画では、文句なくNo.1ですわ、はい。

まぁ、細かいことは語りませんので、
B級アクションホラー好きなら、ぜひ観てみて欲しい1本です。

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。