More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪物 モンスター (★★)- 禁断の医療研究で蘇った人間は…といったよくあるパターンの1本
怪物 モンスター
あまり見所がない、文句なくTWAクオリティの1本。
監督は「ショーン・トレッタ」(デモンズ2009や悪霊の棲む館の監督)
原題は「The Frankenstein Syndrome」


(story)
法律や倫理に背いた人体実験が行われる研究所に加わった医者のエリザベスは、
心臓細胞の再生を促す血清の開発に成功する。同じ頃、所内で自殺者が発見され、
エリザベスは血清の投与に踏み切るが…。


物語的には、エンディングから始まって、FBIの事情聴取という形で物語が進んでいく。
語り部は、半身不随になった上に、顔を剥ぎ取られた、病院の生き残り。
怪物 モンスター

端的に言うと、死体蘇生に成功するけど、最初の患者はただ凶暴になり人を殺してしまい、
次の実験では、蘇生が上手くいくっただけではなく、神のごとき力まで持ってしまい、
(テレパシー、サイコキネシス、病気を治し、水をワインに変える)
(一応、ネタバレ反転)
その上、やっぱり最後は凶暴。
怪物 モンスター

まぁ、そんな物語です。

細かいところも、全部、想像できる程度の展開です。
予算も少なく、セットも設定の割にはヘボい上に、スプラッター的部分も、
ちゃんと見せてるシーンは皆無に等しいです(見せないように演出でがんばってます)

しかし、被験者を息子のようにかわいがっていた研究主任が、
最後に裏切って、その怪物と逃亡するわけですが、人の感情がない狂ってるモンスターっぽいのに、
なんで、最後に突然、親子関係が成立するのか、ちょっと意味不明でした。
(ネタバレ)

映画の質的には、まぁまぁ普通にできてますが、
驚きも見所もない映画なので、まぁ、どうでもいいかなって感じ?(^^;

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
あまり見所がない、文句なくTWAクオリティの1本。監督は「ショーン・トレッタ」(デモンズ2009や悪霊の棲む館の監督)原題は「The Frankenstein Syndrome」(story)法律や倫理に背いた人体実験が行われる研究所に加わった医者のエリザベスは、心臓細胞の再生を促す血清?...
2012/03/20(火) 20:11:35) | まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。