More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテイジョン (★★☆)- アウトブレイクものだが、エンタメではなく意外とドラマな作りな1本
コンテイジョン
感染系、アウトブレイクもの。監督は「スティーブン・ソダーバーグ」(オーシャンズシリーズなど)
役者は比較的メジャー揃い「マット・デイモン」「ジュード・ロウ」「ローレンス・フィッシュバーン」など。


(story)
香港出張からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に亡くなる。
コンテイジョン
時を同じくして、香港で青年が、ロンドンでモデル、東京ではビジネスマンが突然倒れる。
謎のウイルス感染が発生したのだ。新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていった。
米国疾病対策センター(CDC)は危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、
世界保健機関(WHO)はウイルスの起源を突き止めようとする。
コンテイジョン
だが、ある過激なジャーナリストが、政府は事態の真相とワクチンを隠しているとブログで主張し、
人々の恐怖を煽る。その恐怖はウイルスより急速に感染し、人々はパニックに陥り……。
コンテイジョン


好みの問題だとは思うが、想像以上に地味な映画だった……。
リアリティがあるというかドキュメンタリー風を狙ってるのか、全体的に淡々としてる。

ウィルスも風邪に似た症状で致死率も20%程度と設定されており、
エボラの話だったアウトブレイクなどとは違い、派手にすぐに死んでいくわけではなく、
緩やかに確実に全世界が感染していくので、映画自体も静かに進んでいきます。

その中で、最初は緊張感が無かった国民も、ネットの噂に翻弄され、
パニックから無秩序状態になったりしてしまうが、緊迫感を持って描くというより、
当たり前のように街がそうなってるって感じの静かなスルー感。
(しかし、海外は国民が暴徒化するのが早いっすねぇ(^^;)

ストーリー構成そのものも、メリハリはあまりもたせず、事件やあからさまな盛り上げもない。
ウィルス完成も、感染源の特定も、終わり方も、皆静かに軽~く流していく。

また、ジュード・ロウがひどくムカつく最低のやつなのだが、
コンテイジョン
別段、因果応報的なカタルシスなどもない。

ハリウッドな映画をもとめてなければ、十分かもしれないが、
なんだか、全編物足りなくて、つまらなくはないが観てて非常に困った。

ワクチン配布の仕方は、ちょっと面白かったというか、これもアメリカ的なのかもしれない。
コンテイジョン

まぁ、こんなドラマが好きな人には、オススメかもしれませんが、
エンタメを求めてしまう人はスルーしてよさそうな作品です。

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。