More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アクエリアス - 1986年制作のアルジェントの愛弟子ミケーレ・ソアビの監督デビュー作がHDリマスターで再販
アクエリアス
フクロウのマスクを被った殺人鬼が印象的な、「ミケーレ・ソアビ」監督デビュー作品。
主演は(この後、オペラ座/地の喝采やデモンズ3でも出演した)「バーバラ・クピスティ」
アクエリアス
原題も「AQUARIOUS」。アメリカタイトルは「STAGE FRIGHT」


(story)
町外れの古い劇場で続く、ホラー・ミュージカルの最終リハーサル。
アクエリアス
練習中に足を痛めた女優のアリシアは、演出家の目を盗み、女性スタッフと共に近隣の病院を訪ねる。
だが、そこには連続殺人に手を染めた狂気の男が幽閉されていた。
アリシアたちの車に身を潜めて病院を脱走した彼は、フクロウの仮面を被り、
ナイフを手に舞台へと踊り出る。出口を施錠され、巨大な密室と化した劇場は今、
血塗られた惨劇のステージへと変貌していく。


プレミアってて、もう買えな~いと思ってたアクエリアスが、
HDリマスターでハピネットより再販。素晴らしいことです。
(ところで、このホラーマニアックスシリーズが、SPOからハピネットの販売になりましたが、あれ?)

監督のミケーレ・ソアビは、デモンズ3、4、95も撮っていますが、
実は、シリーズではありません。日本の配給会社がデモンズがそこそこヒットしたので、
弟子であるソアビの作品は「みんなデモンズってつけちゃえ」的な感じで、
日本のみ「デモンズシリーズ」の監督になってしまった変わった監督です。

閉じ込められた劇場で、フクロウマスクを被った殺人鬼に殺されていく
アクエリアス
ってだけな作品ですが、イタリア映画特有の雰囲気と、特徴のある音楽が、
淡々と殺人を犯していくフクロウと意外と上手くマッチして、
アクエリアス
実は、デビュー作にて、傑作を作ってしまった感があります。
今見ても、テンポがよく、古い作品と感じずに観ることができてしまいます。

ダリオ・アルジェントの弟子らしく、ライトや小物(羽)などの使い方が幻想的で、
舞台に死体を並べる、名シーンなんかも、上手いこと作ってしまっています。
アクエリアス

また、今回のDVDには、特典として、
アクエリアスのビデオクリップ「ミステリールージュ」が入っています。
アクエリアス
画質はビデオコピーのようで、よくありませんが、
こういうものをほじくってつけるあたり、担当の愛を感じます。

どうせでしたら、デモンズ3も再販してほしいものです。

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。