More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド - 1980年制作の本当にゴミのようなくだらないホラーを楽しんで観れる人向けの伝説のゾンビ映画がデジタル・リマスターで再販
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド
サンゲリア2など、どうしようもないゴミ映画を(日本未公開あわせて)50本くらい撮った、
「ヴィンセント・ドーン(またの名をブルーノ・マッティ)」監督作品のイタリアンゾンビホラー。

SPOからデジタルリマスターで再販(旧版はなぜか超プレミア)
ですが、いつものにくらべると、画質の向上があまり見受けられなかった(日本語吹き替えもなし)


(story)
ニューギニアの化学薬品工場で突如ガス漏れ事故が発生。
流出した毒ガスにより人々は血肉を求めるゾンビと化した。
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド
政府の密命を受け、特殊部隊が凶事の震源地に潜入するが…。
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド


基本的に、突っ込みどころ満載だが、突っ込めるという雰囲気はない、くだらなすぎて(^^;

しかし、そのくだらなさが、一周回って個性的な映画になってるという、なんとも変な作品。
なんつぅんでしょう、まさにZ級というか、エド・ウッドの映画が好きな人がいるのと同じような、
「本当にくだらない映画観るぞ」と理解した上で、
ポップコーン片手に「マジでつまらないですけどww」とか、そうやって楽しむみたいな映画です。

ヘル・オブ・ザ・リビングデッド
原住民の村に進入するために、郷に入っては郷に従う、テレビレポーターのヒロイン。

ヘル・オブ・ザ・リビングデッド
なぜか女物の服を前掛けにして、シルクハットとステッキを持って踊りながら襲われる特殊部隊の隊員。

ゴブリンサウンドもウリの1つとしているが、
新たに作曲してもらったわけではなく、既存の曲を使っているだけ。
もちろん、メインはかの名曲揃いの「ゾンビ」からの使用が多いです。
(オープニングロールにゴブリンの名前は出てるし、商業DVDでも使われてるから正式ではあるのかな?)

ヘル・オブ・ザ・リビングデッド

なにはともあれ、登場人物や脚本のIQが低すぎる作品でも我慢できる、
(特殊部隊員が「頭が弱点だ!」といいながら、毎回、身体を撃つのが一番意味不明)
くだらない映画好きの人は、この機会にどうぞって感じ。

ヘル・オブ・ザ・リビングデッド
この後、衝撃的なエンディングが待っています。

音(音楽)だけ聞いてると、ゾンビが始まったと思うこと間違いなしな
予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。