More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吸血狼男 - 1961年のテレンス・フィッシャー監督の古典が、HDリマスターで初DVD化
しまった、監督の名前タイトルだけ間違えた。
リーって誰やねん。すいませんm(_ _)m (12/02/07 修正)
吸血狼男
ハマー・プロ全盛期に作られた「パリの狼男」の映画版。
監督は「吸血鬼ドラキュラ」や「フランケンシュタインの逆襲」など、
数々の古典を生み出した「テレンス・フィッシャー」
原題は「The CURSE OF THE WEREWOLF」


(story)
18世紀後期のスペイン。残忍な領主の戯れで牢に幽閉された流浪者の仔を身ごもった召使い。
クリスマスの夜、彼女は男児を生んで息を引き取り、子供は村人ドン・アルフレッドに
育てられ、誠実な青年レオンに成長する。
レオンは酒造工場で職を得て雇い主の娘クリスティナと恋に落ちるが、
その体には忌まわしい狼憑きの血が流れていた。やがて訪れる満月の晩。
呪われた運命に導かれ、レオンは甘い生血の味に狂う狼男に変身する……。


個人的には、年齢的にハマー・プロ全盛期の作品には、それほど思い入れがないのですが、
たまにこの時代のホラーを見ると、なかなか感慨深いものがあります。

吸血狼男
お話は、主人公が生まれた時から成人まで描かれます。

私的には、吸血鬼物や狼男物はジャンルとして好きなので、
以前から、この「吸血」「狼男」のタイトルに惹かれ、興味がありました。ので、思わず手が出ました。
吸血狼男

内容的には、残酷というよりも、欝形の悲しい物語で
なかなか、今時は見れないなぁという、差別的な表現が多く、良い意味で時代を感じます。
役者の演技もシッカリしており、90分飽きることなく引きこまれました。

予告は↓
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。