FC2ブログ
More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンイーター (★★★★)- ワニの聖域に入ってしまった観光客の行方は…。良質なモンスター・パニック物です
マンイーター
日本で公開されるまで5年もかかった、オーストラリアのモンスターパニック物。

原題は「ROUGE」
監督・脚本はウルフ・クリークの「グレッグ・マクリーン」
売れる前の「サム・ワーシントン」が出演してます(アバターの2年前)

2007年の作品で(日本で発売されただけマシだが)5年もスルーされて、やっと日本へ。
サム・ワーシントンが出てるおかげなのかもしれない。彼が売れてよかった……。
まぁ、そんな日本ではお蔵入りになりそうだった割りには、巨大生物物としては1級品。
ハリウッド映画としても通用しそうなくらいシッカリできているかと思います。


※ネタバレありあらすじ


旅行(主にレストラン)記者のピートは、空港で荷物を盗まれたりしながら、
マンイーター
オーストラリアのワニ見学のクルーズに参加する。
マンイーター

マンイーター

マンイーター
(オーストラリアの自然を漫喫できます)

クルーズの最中、聖域と呼ばれ誰も近づかない場所から
救難信号が撃ちだされたのを見つけ、救助に向かうことに。
マンイーター

しかし、そこで、地元の出身でクルーズの案内役ケイトですら、
見たこともないような巨大なワニに襲われ、客船を壊されてしまい、
マンイーター

川に浮かぶ、小さな島に避難します。
マンイーター

しかし、その島は時間が経つと、水の中に没してしまうため、焦り逃げようとするが、
ワニがテリトリーを守るために次々と襲ってきて犠牲者が増えていく。
マンイーター

マンイーター

マンイーター

地元の不良青年ニール(サム・ワーシントン)が、
マンイーター
一人対岸に渡ることに成功。

ロープを木に結び、ひとりひとり渡らせようとするが、
(この手に映画には必ずでてくる)パニックを起こした家族が我先にロープを渡りだし、
マンイーター

ロープが切れ、ニールとロープにとりついた一人がワニにやられてしまう。
マンイーター
(なんと、まだ無名だったサムはここで退場……)

そして、ピートの提案により、ワニを罠にかけ、
時間稼ぎをする間に一気に泳いで渡る決死の作戦にでる。
しかしそのさなか、ケイトはワニに襲われてしまう……。
マンイーター

そしてピートは犬と共に、他のみなともはぐれてしまうが、
犬がある洞窟の中に入ってしまい、そこでワニの巣を発見、
大怪我をして意識を失っているケイトを見つける。
マンイーター

しかし、すぐに巣へワニが帰ってきて……。
マンイーター
マンイーター

ラストどうなるか気になる方はDVDでどうぞ。
モンスター・パニック物としては、なかなか舞台もテンポもよく、
誇張しすぎず、地味すぎないといったバランスもいい感じの作品です。

しかし、グレッグ・マクリーンは「オーストラリアなんて絶対に行きたくない」と
思わせる映画を作るのが上手いっすねw

予告は↓
>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

【ゲームの話】「うみねこのなく頃に」を今更プレイ
ホラー映画じゃないのですが、
PS3版の「うみねこのなく頃に」というゲームをやってみての感想というか推理メモです。
「ひぐらしのなく頃に」と同じ、竜騎士07の作品です。



「挑めばミステリー。屈せばファンタジー。」がキャッチコピー。

内容は、
魔女が魔法を使い行う密室トリックてんこ盛りのクローズドサークル物で、
対して、主人公は魔女も魔法も完全否定して人間犯人説を推理合戦で確立させていく、
兎にも角にも、ひっちゃかめっちゃかな「超」メタミステリーアドベンチャー。
延々と屁理屈合戦を見ながら、一切合切謎が明かされずに、謎が延々と増えていくという
困った内容ですが、一応、ミステリーの体裁はとってるらしく、
プレイヤーも推理は可能なはずってことで、ぼぉーっと考えてみた。

EP1~4(全8話なので、まだ半分)
までやった、個人的予想。


(※下記ネタバレ)


犯人は
使用人の誰か(最有力は郷田か?)

4人の兄弟姉妹の誰か(恐らく毎回違う)
2人(+協力者。例えば絵羽が犯人の場合、秀吉が犯行やアリバイ作りを手伝っているなど)
ではないかと予想。

不可能犯罪が多いですが、ひぐらし同様、見えてる物が真実とは限らない
(本編中、赤い字で宣言されたこと以外は真実とは限らない)
ということから、

多くの場合、
主犯(または共犯)は「そして誰もいなくなった」パターンであり、且つ、
1人二役以上、やっている人物がいる
or
戦人たちが島に来る前に、死んでいて入れ替わっている人物がいる
 (例えば、郷田が双子の弟と入れ替わっていて、郷田であって郷田でない)


また魔女視点では、各キャラが「誰か」及び「物」の象徴で説明。
(例えば(本編中にも言っているが)ロノウェは源次であり、
 ワルギリアは熊沢であり、7杭やシエスタはそのまま杭であり銃である


というのが「素直に受け止めた」時の答えかなと思いました。

まぁ、ただ先にプレイしていた奥さん曰く、
EP8を終わらせても「真相は明かされない」とのことで、
上のような単純な話ではないようです。


なので、EP4までプレイして、そんなことを考えてたこともありました…。
というメモ的なものですな。

ちなみに、EP1~4までで70~80時間かかっているので、
超長編で答えがない物語ってことで批判が多い作品とも聞いてます。
うーん、困ったもんだ。

この先、EP8まで終わった時点で、まだ推理する気があったら、
また自分の結論を書いてみますですハイ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。