More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビックフット・ハンティング (★)- ビックフット・ハンターと間違えて借りちゃった、C級モンスターホラー
ビックフット・ハンティング
表題にも書いた通り(後日、更新予定の)「ビックフット・ハンター」と間違えて借りてしまったら、
超やばい映画でしたという感じのちーぷなC級モンスターホラー。
(開始1~2分で「あ、やばいかも」と分かる一品)

監督は「ブライアン・ブラフ」(代表作、特になし)


※ネタバレ有りなあらすじ


主人公のジムは野生動物の研究科。丁度停学になった娘のエイミーをつれて、
同僚のロブとマーシーと共にオオヤマネコの調査に雪山へ向かう。
ビックフット・ハンティング

しかし、その雪山では謎の生き物がスキーヤーなどを血祭りにあげていた。
ビックフット・ハンティング

地元でも、謎の生物のことに誰も気づいていないが、
若い警官のひとりだけは、行方不明者があまりに多いことに何かを感じて調べている。
ビックフット・ハンティング
(何かを感じるってか、どう考えてもおかしいだろ。
 ってかアメリカってそんなに若者が行方不明になるの普通のなの?(^^;)

オオヤマネコの調査を始めるジムたちだが、
去年までいた動物だちが、全然いないというおかしな状況に首をかしげる。

そして、側には謎の足跡が……。
ビックフット・ハンティング
(えらくまっ平らで浅い足跡です)

そして、翌朝、何かの動物にスノーモービルなどが壊されているのを発見します。
ビックフット・ハンティング

そんな中、パトロールをしていた警官たちも正体を表した雪男に襲われ……。
ビックフット・ハンティング
じゃじゃーん

ビックフット・ハンティング
ひとり異常事態を感じ取っていた警官も、何の活躍もなく「えっ?」という感じで退場。

調査隊は、偶然見つけた洞窟内に人間の骨を発見。
ビックフット・ハンティング

カメラに雪男をとらえます。
ビックフット・ハンティング

ジムとロブは洞窟で死体を見ているために、調査を切り上げて帰ろうとしますが、
世紀の大発見だとエイミーは、ひとりで調査に向かってしまい、雪男にやられてしまう。
ビックフット・ハンティング
ネックハンギングツリー!

そして、助けを呼びに行こうとしたジムも雪男に捕まっていまい、
残されたロブとマーシーは、ジムを助け出すために雪男に立ち向かう。
ビックフット・ハンティング

果たして2人はジムをたすけられるのか……。
ビックフット・ハンティング

ラストが気になる方はDVDでどうぞ……。
と締めたいところですが、映画の出来的にはとても進められたものではないので、
こんなC級映画なんてへっちゃらだぜぇーという強者さんだけどうぞ、という感じです。

いやぁ~、もちろんホラーとして怖くはないですし、
特撮、脚本、何から何まで見事なC級っぷりで、見所なんてもんもないという作品です。

予告は↓
>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

操り人間 (★★★)- 猟奇物と思いきや、怒れる幽霊は何を伝えようとしてるのか?と言った心霊サスペンスミステリー
操り人間
宣伝に「ムカデ人間」や「八仙飯店之人肉饅頭」を引き合いにだしている、変なタイトルの映画。

それもあり、てっきり拷問などのバイオレンス描写満載の猟奇殺人鬼物かと思いきや、
主人公の前に現れる怒れる幽霊は何を訴えているのか? 果たして犯人は?という、
心霊系サスペンスミステリーでした。

監督はクライヴ・バーカー作品のヘルゾンビ、ミッドナイト・ミート・トレイン、恐怖、血の本の製作総指揮を務めていた「アンソニー・ディブラシ」


※以下、ネタバレ有りなあらすじ。


耳に障害を持っている美術教師リリーは、たった1人の家族だった妹を事故で失ってしまう。
操り人間

全てに絶望したリリーだが、新たな人生を歩み出すために、田舎町の教師として赴任。
とある、ひきこもりの息子と2人暮らしという老婆の家のひとつを借りて住むことに。
操り人間

美術の授業で受け持った一人の子供の父親と恋に落ちたりと、
順風満帆な新生活を始めるリリー。

しかし、ある時、街に住んでいる評判の霊能力者の元を訪れることとなり、
自分の妹と話したいと交霊を行うが、その際に正体不明の悪霊に取り憑かれてしまう。
操り人間

それから悪霊は何度も現れ、リリーに幻覚や、意味不明のビジョンを視せ続ける。
操り人間

操り人間

操り人間

一方その頃、街では謎の男が、
女性を誘拐して、手足を切断、人形のような関節を付け、
操り人間
操り人形のようにしていた……。
操り人間

リリーは幽霊の正体を探ろうと、過去の事件を調べると、
自分の前に住んでいた人物が行方不明になっていて、
その容疑者が、大家の引きこもりの息子だったことを知る。
操り人間

そして、その大家の息子を調べるが、決定的な証拠は見つけられない。
しかし自ら書き留めた、幽霊に見せられているビジョンを並べた時、
今まで、意味がないと思っていたピースが繋がり、
操り人間

ついに女性の死体を発見し、犯人(ひきこもりの息子)は逮捕される。
操り人間

だが、それでも怒れる霊は現れ続ける。
操り人間

何かが間違っていたのか? 更なる真相に近づいた時、
真犯人の毒牙はついにリリーの元へ……。
操り人間

果たしてリリーの運命は、そしてその犯人とは……。
操り人間

気になる方はDVDでどうぞ。
ちなみにスタッフロール後に、ひと脅かしあるので、早送り注意です。


まぁ、ゴア殺人鬼物を期待してしまうと超物足りない作品ですが、
(と言うか、そういう宣伝してるのが悪い)
心霊ミステリーとしてなら、まぁ、普通程度の出来かな?という感じでした。

予告は↓
>>続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

ヘルレイザー:レベレーション (★★)- 6年ぶりの新作は1作目のオマージュ風のチョット残念な作品
ヘルレイザー:レベレーション
ヘルワールド以来6年ぶりのヘルレイザーの新作。
ちなみにシリーズ9作目です(なんちゃってじゃありません)

監督はTATARIやミラーズの続編の監督「ヴィクター・ガルシア」。

久方ぶりの復活で楽しみにした人も多かったと思いますが、
想像を絶するスケールダウンと色々な残念さに、シリーズが好きな人ほど
「やっぱりリメイクに期待するしかないのか…」と十中八九思ったことかと。

兎にも角にも(これも十中八九)「ピンヘッドはダグ・ブラッドレイしか出来んな…」とも。
フレディのロバート・イングランドぐらいに、違うと違和感を感じるキャラクターだと再認識です。

ストーリーは、行方不明になった2人に何が起こったのか?と、
その2人を待っている家族のシーンを行ったり来たりするタイプで、
構成をひねったのだろうが、元々がカナリ単純な話なので、逆にまとまりがなくなってしまってます。


※細かい行ったり来たりを省いた、ネタバレありなあらすじ


スタートは流行っているから取り入れたのか、
ファウンドフッテージ物っぽい感じで始まります。
ヘルレイザー9
ブラジルのティファナで、酒と女を楽しもうとしてる2人の若者、ニコとスティーブン。

シーンが変わって、
件のパズルボックスを開けたことで、例の彼らが現れて……ビデオは終わります。
ヘルレイザー9

ヘルレイザー9

このビデオと謎のパズルボックスを残して行方不明になった2人。

その2人の家族は支えあいながら、悲しみを抱え、息子たちが帰ってきてくれることを祈っています。
ヘルレイザー9

ある晩、スティーヴンの妹が、兄が残したパズルボックスをいじりだした時、
ヘルレイザー9

突如、妹の前に兄スティーヴンが現れます。
ヘルレイザー9

驚く家族たちは、もう1人のニコの行方や何があったのか聞こうとしますが、
疲れが酷く、スティーヴンは何も語りません。

更に「脱走者を追ってきた」という、謎の浮浪者まで現れます。
ヘルレイザー9

一方その頃、あっちの世界(魔界?)では、新しい魔道士が生まれたりもします。
ヘルレイザー9
ヘルレイザー9

そしてなぜか、突然、家族に牙をむくスティーヴン。
ヘルレイザー9

彼の口から、2人に何が起こったのか、その顛末が語られ…。
ヘルレイザー9

家族たちの前についに彼らが……。
ヘルレイザー9

大分、端折っちゃってますが、
ラストや細かいところが気になる方はDVDでどうぞ。

まぁ、1作目と似たようなシーンを色々入れたりして、オマージュっぽく再構成してるんでしょうが、
ヘルレイザーの何が面白かったのかが、分からなかったんだろうなぁという力不足作品。

なんかこの監督って、続編の仕事が多いみたいですが、
作品が持つ面白い部分の抽出の仕方があんまし上手くないのかもしれません。
(なのに、そういう仕事が多いのはなぜ?(^^;)

まぁ、作り自体は、それほど酷くはないので暇つぶしにはなるかと思います。

予告は↓
>>続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

パラノーマル・エンティティ4 (★★)- 本家よりも早いペースになっているパラエンシリーズ。今度は初心に帰って呪われた家に引っ越してきた家族の話
パラノーマル・エンティティ4
シリーズ4作目ですが、えらくシリーズ展開早いなぁと思ったら、
多分日本だけのなんちゃってシリーズっぽい気がします。
(原題が2作目以降は「Paranormal Entity」じゃなくなってますので、いつものパターンかな)
原題は「The Amityville Haunting」

監督は「ジェフ・ミード」(となってますがこちらも詳細不明。IMDbでも役者さんのようですが…)

今回は、数十年前に、幼い娘が一家6人を皆殺しにした事件が起こって以来、
2ヶ月以上、住みついた人がいないという家に、とある(お金に困ってる)家族が越してくるが……。
パラノーマル・エンティティ4

といった内容。
ファウンドフッテージ物の体裁をとっていて、撮影好きの息子が回していたカメラの映像と、
ホームセキュリティ用の固定カメラの映像からなっています。

端的に言うと、呪われた家で、幼い娘が目に見えない友達と話しだし、
家に不思議なことが起こっていって、父親が段々と狂気に侵されていくといったパターンです。


※以下、ネタバレ有りのストーリー紹介


映画開始直後、肝試しに来た若者4人が、
この家に侵入するところから始まりますが、いきなり殺されます。

更に、引越しを考えている家族が家の下見をしただけで不動産屋も死亡。
パラノーマル・エンティティ4

引越しの最中も引越屋さん死亡。
パラノーマル・エンティティ

そんな状況に奥さんは、ここに住むのはやめようと言いますが、
旦那さんは、頑なにここに住むことにこだわります。
パラノーマル・エンティティ4

更に、娘は目に見えない友達ができて1日中その子と遊びだし、
パラノーマル・エンティティ4

家の中には奇妙なことが起こりだし、そして家を訪れるものが次々と死んでしまい、
家族の様子もおかしくなっていきます。
パラノーマル・エンティティ4
パラノーマル・エンティティ4

しかも、ホームセキュリティ用のカメラには幽霊が映っていますが、
この幽霊、バッチリ映りすぎです。
パラノーマル・エンティティ4
パラノーマル・エンティティ4
パラノーマル・エンティティ4
パラノーマル・エンティティ4
静止画だと、何のシーンか分からないレベルですw

ラスト、一家に何が起こるのか?
パラノーマル・エンティティ4

気になる方はDVDでどうぞ。
まぁ、バリバリのC級モキュですが(^^;

予告は↓
>>続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。