FC2ブログ
More Brain!! More Horror!!
ホラー映画中心に感想などを好き勝手につぶやいています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デモンズ’95 - 1994年作、埋葬された人が毎日生き返ってくる墓場で墓守をする男たちの愛と葛藤のゾンビ映画
デモンズ95
1994年のミケーレ・ソアビ監督作品。
(デモンズのタイトルは、日本のビデオメーカーが勝手につけてるだけでシリーズではありませんえん)

デモンズシリーズ(と言っても正統シリーズは2まで)は3以降が手に入れようとしても結構レア。
この作品もプレミアってしまってて、手に入らんと困っていましたが、
ちょっと前に、マカロニ・ホラー・コレクションボックスの新品をゲット。
久しぶり(当時、映画館で観た以来)に観てみました。

イタリアのコミックが原作(原作者はディラン・ドックで有名なティツィアノ・スクラヴィ)
原題は「DELLAMORTE DELLAMORE」。アメリカ公開時は「Cemetery Man」


(story)
ある墓場では、墓に埋められた死者が夜になると7日以内に蘇る。
主人公のフランチェスコは墓守で、毎晩、銃を片手に、蘇った死者の頭を撃ち抜き、
デモンズ95
相棒のナギと一緒に、元の墓穴に死体を戻す。
デモンズ95
彼にとっては、それは退屈な日常。
困っていることは、いつも夜の仕事に残業代がつかないことくらい。

そんな生活の中、フランチェスコは1人の未亡人と恋に落ちるが、
墓場で愛しあってる最中、彼女は死んだ旦那に噛まれて息を引き取ってしまう。
フランチェスコは彼女が生き返らないことを願うが……。
デモンズ95


と言ったストーリー。

気だるさがある、ゆったりとしたペースに、独特なストーリーテーリング、
皮肉の効いたブラックコメディ風味の悲劇、それらがソアヴィ作品の雰囲気とマッチし、
非常にクオリティの高い、イタリアゾンビ映画の傑作に仕上がっています。
今見ても「あぁ、やっぱソアヴィの最高傑作だわ、これ」と思いました。

毎晩のように蘇るゾンビたちも、なかなか個性的です。

ボーイスカウトの乗ったバスが事故を起こし、運び込まれた少年たち。
デモンズ95

フランチェスコが愛した女性。
デモンズ95

バイク事故で、バイクごと埋葬されたあんちゃん。
デモンズ95

なんてゾンビが次々と出てきます。

しまいには、死体を殺していることを、死神?に怒られたりもします。
デモンズ95

ちなみに、相棒のナギも、好きになった子の首と、愛を語り合ったりします。
デモンズ95

そして、フランチェスコは、3回の同じ顔をした女性との失恋をしながら、暴走し、
この街、生活から、ナギと一緒に逃げ出そうとしますが……。
どうなるかは、DVDをご覧下さい。

アクエリアスもリマスターされましたし、その内、これも来るかな?
(個人的には、その前に、デモンズ3を再販して欲しいー、とか思ってますが)

予告は↓
>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

ナイトメア・シティ - 1980年公開、吸血ゾンビ軍団が走りまわり銃をぶっ放しながら大虐殺をしていくマカロニホラーがデジタル・リマスターで再販
ナイトメア・シティ
イタリアで食人帝国や人喰族などを作った、B級ホラー監督「ウンベルト・レンツィ」のカルト的な作品。
原題は「NIGHTMARE CITY」。日本では「ゾンビドローム」というタイトルで公開されたこともあるらしいです。

ホラーマニアックスシリーズとして、デジタル・リマスターでハピネットより再販です。

(story)
交信不能で強制着陸した軍用機の中から武器を操るゾンビ軍団が出現。
空港は屠殺場と化し、ゾンビは食物を求めて人口が過密する大都市へと侵略を開始する。


ゾンビ物っぽいですが、普通のゾンビなどと一線を画していまして、
ナイトメア・シティ
銃をぶっ放し、

ナイトメア・シティ
ナイフや、斧、カタール(なぜ?)まで華麗に使い、

ナイトメア・シティ
鎖なんかも使いこなしちゃったりして、
ごくごく普通に武器を使用しながら、とにかく全力疾走で人々を楽しそうに襲います。

つまりゾンビというより、放射能でパワーアップした腐った殺戮軍団ですな。

そして、頭も普通の人間並みのようで、反撃してくる人の攻撃を避けたりもしますし、

ナイトメア・シティ
車を運転して、検問を元関係者に通過させて中から襲ったり、

必要とあらば、
ナイトメア・シティ
電話線を切ったりもしますw

その上、まずは発電所を襲ったりと計画性もあり、テロリストふうな感じもみせます。

この最後まで理由を説明しない、ハチャメチャなパワフルさと、
それなりのスプラッターシーン(頭をカチ割り、胸を切り取ったり、目を楽しそうにえぐったり)で、
今観ても飽きることなく、流石80年代のマカロニホラーだなぁ~ww となること請け合いです。

そして、最後のシーンは、ゾンビランドの30年前に到達していた、
遊園地でのゾンビ軍団とのバトル!
ナイトメア・シティ

ナイトメア・シティ

んでもって、当時観た時に「えっ? なにそれ??」となった、有名なエンディングで終わります。
(この印象だけは、キッチリ残ってましたね)

「放射能で狂った人々が血を求めて殺戮祭り」
よくぞ、さらりと再販したもんです。今の内に保護しておきましょう。

予告は↓
>>続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

サンゲリア2 - 1988年制作のゾンビ映画の奇作「ゾンビ3」がデジタルリマスターで再販
サンゲリア2
ルチオ・フルチの名前はついていますが、体調不調のため監督を降板しています。
後任をつとめたのはブルーノ・マッティ(ヴィンセント・ドーン)。
そのため、ヘル・オブ・ザ・リビングデッド同様のおかしな作品です。
原題は「ZOMBI3」(これほどストレートで、なんで3?と思うタイトルも珍しいw)

こちらもホラーマニアックスのレーベルで、ハピネットから発売。
しかし、いつものデジタル・リマスターに比べて画質が悪いです。
観れないほどじゃないですが、やっぱり残念。


(story)
東南アジアにある原子力研究施設を襲撃したテロリストが、細菌兵器“デス・ワン”に感染。
全身腐乱で絶命した彼の遺体は程なく回収されるが、事件を隠蔽しようとする軍部はその死骸を極秘焼却。
サンゲリア2
汚染された粉塵は大空へと拡散し、近隣のリゾート地は一瞬にして悪夢のゾンビ地帯と化す!
おぞましい死者たちの襲撃をかわし、廃墟ホテルに逃げ込んだ旅行者や休暇中の兵士らは、
この人喰いゾンビ地獄から決死の脱出を試みるのだが…。
サンゲリア2


数十年ぶりの鑑賞となりましたが、ヴィンセント・ドーンの作品なんかは、
いい大人になった、今の方が、心にも余裕があるので、ある意味楽しめます。

監督のヴィンセント・ドーンのオーダーか、地獄のレイダースやタロス・ザ・マミーも手がけた、
作曲家のステファノ・マイネッティがゾンビっぽい作曲をしてるメインテーマから開始される。
これは本家を意識した作品……と思いきや、暴走、暴走、また暴走し続けるハチャメチャなゾンビ映画です。

予算が尽きたのか、オープニングの兵士とテロリストの撃ちあいは、
銃のバックファイヤも血のりすらない、パントマイムのような出だしで、
どんだけC級なんだよと、つかみもOK。

その後は、いきなり「鳥ゾンビ」が登場したり、
サンゲリア2

香港映画ばりの、スピーディーでパワフルなゾンビが登場したり、
サンゲリア2
(このシーン、夜中に爆笑してしまった)

クビだけでも、空を飛んで襲ってきたりします。
サンゲリア2

なんかもうやりたい放題です。
その上、今回のゾンビは弱点などは関係なく、刺されても死ににくいが、
銃だと一発撃たれれば、人より簡単に死にます(意味不明w)

そして、何よりの特徴は、機敏でパワフル。
サンゲリア2
人間など軽々と持ち上げ、ぶん投げるし、
草むらや崖の上から、はたまた天井を突き破り、飛び掛ってきます。
(ここら辺も、なんか香港映画風です)

最後は、なぜか妊婦のお腹から、大きな手が飛び出てきたり、
サンゲリア2

まぁ、色んなもんをパクってるわけですが、
監督の思いつきの適当さ大爆発という、これを奇作と言わずどうする?!って感じの作品です。

こんなものを、デジタル・リマスターで再販した、ホラーマニアックスはスゴイ。
(今回は画質低いけど)

予告は↓
>>続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

アクエリアス - 1986年制作のアルジェントの愛弟子ミケーレ・ソアビの監督デビュー作がHDリマスターで再販
アクエリアス
フクロウのマスクを被った殺人鬼が印象的な、「ミケーレ・ソアビ」監督デビュー作品。
主演は(この後、オペラ座/地の喝采やデモンズ3でも出演した)「バーバラ・クピスティ」
アクエリアス
原題も「AQUARIOUS」。アメリカタイトルは「STAGE FRIGHT」


(story)
町外れの古い劇場で続く、ホラー・ミュージカルの最終リハーサル。
アクエリアス
練習中に足を痛めた女優のアリシアは、演出家の目を盗み、女性スタッフと共に近隣の病院を訪ねる。
だが、そこには連続殺人に手を染めた狂気の男が幽閉されていた。
アリシアたちの車に身を潜めて病院を脱走した彼は、フクロウの仮面を被り、
ナイフを手に舞台へと踊り出る。出口を施錠され、巨大な密室と化した劇場は今、
血塗られた惨劇のステージへと変貌していく。


プレミアってて、もう買えな~いと思ってたアクエリアスが、
HDリマスターでハピネットより再販。素晴らしいことです。
(ところで、このホラーマニアックスシリーズが、SPOからハピネットの販売になりましたが、あれ?)

監督のミケーレ・ソアビは、デモンズ3、4、95も撮っていますが、
実は、シリーズではありません。日本の配給会社がデモンズがそこそこヒットしたので、
弟子であるソアビの作品は「みんなデモンズってつけちゃえ」的な感じで、
日本のみ「デモンズシリーズ」の監督になってしまった変わった監督です。

閉じ込められた劇場で、フクロウマスクを被った殺人鬼に殺されていく
アクエリアス
ってだけな作品ですが、イタリア映画特有の雰囲気と、特徴のある音楽が、
淡々と殺人を犯していくフクロウと意外と上手くマッチして、
アクエリアス
実は、デビュー作にて、傑作を作ってしまった感があります。
今見ても、テンポがよく、古い作品と感じずに観ることができてしまいます。

ダリオ・アルジェントの弟子らしく、ライトや小物(羽)などの使い方が幻想的で、
舞台に死体を並べる、名シーンなんかも、上手いこと作ってしまっています。
アクエリアス

また、今回のDVDには、特典として、
アクエリアスのビデオクリップ「ミステリールージュ」が入っています。
アクエリアス
画質はビデオコピーのようで、よくありませんが、
こういうものをほじくってつけるあたり、担当の愛を感じます。

どうせでしたら、デモンズ3も再販してほしいものです。

予告は↓
>>続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

ミミック - 1997年のギレルモ・デル・トロ監督作品がBlu-rayで発売。ゴキブリの天敵、ユダの血統が人間の天敵になる!
ミミック
ギレルモ・デル・トロ監督作品としては2作目にあたる作品。

(※Blu-ray視聴のため、画像はGoogleより)

(story)
昆虫学者・スーザンは、子供を死に追いやる伝染病を防止するため、
感染源のゴキブリを全滅させるべく新種の昆虫を開発するが、その3年後、恐ろしいことが起こり始める…。
ミミック

「ユダの血統」(蟻と蟷螂の遺伝子をもった生物という設定)という、
遺伝子操作された新種の昆虫が、ゴキブリを死滅させた後に、
食料として人間を捕食し始めるという、昆虫モンスターホラーです。

基本は、その人間大のゴキブリっぽい怪物のモンスターものですが、
人間に擬態する巨大昆虫の造形や画き方もさるものながら、
ミミック
脚本や演出が非常によくできており、デル・トロの非凡な才能が垣間見える良作だったりします。

久しぶりに、Blu-rayにて再見しましたが、全く飽きずに楽しめました。

そういえば、このミミックもシリーズになってましたが、2くらいまでは観た記憶があるのですが、
3って観たっけなぁという感じで全く覚えてませんねぇ(^^;
年とったせいか、B級映画は、やはり、こうやってブログに記録を残してかないと、失念してしまいますな(-_-;)

ビデオレンタルなんぞは、レンタル初期の1泊2日1500円くらいの頃から始めてるので、
あれから30年近くたってるわけですなぁ…。ビデオデッキのリモコンが有線の時代だしw
その頃からホラー好きだったんですが、レンタル屋の店長もホラー好きで、
海外の輸入に字幕をつけて、貸してくれたりしてて(違法ですなwww)、
死霊のはらわたも、エルム街の悪夢も、死霊のしたたりも、死霊のえじきも
日本公開の何年も前に観れたもんです。
ファンタスティック映画祭なんぞも、毎年、毎年、チケット買うのに朝から並んで、
当日(というか前日)も席を取るために、渋谷パンテオンの階段に泊まりこみで並んで
オールナイトを楽しんだもんです(ヘルレイザーも25年前かぁ…)

しかし、そんな前から観てるので、印象の薄い映画は記憶から消えていきます。
まぁ、ですので、こうやって昔の作品を、また観て楽しめたりするときもあったりします。

予告は↓
>>続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

ヘル・オブ・ザ・リビングデッド - 1980年制作の本当にゴミのようなくだらないホラーを楽しんで観れる人向けの伝説のゾンビ映画がデジタル・リマスターで再販
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド
サンゲリア2など、どうしようもないゴミ映画を(日本未公開あわせて)50本くらい撮った、
「ヴィンセント・ドーン(またの名をブルーノ・マッティ)」監督作品のイタリアンゾンビホラー。

SPOからデジタルリマスターで再販(旧版はなぜか超プレミア)
ですが、いつものにくらべると、画質の向上があまり見受けられなかった(日本語吹き替えもなし)


(story)
ニューギニアの化学薬品工場で突如ガス漏れ事故が発生。
流出した毒ガスにより人々は血肉を求めるゾンビと化した。
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド
政府の密命を受け、特殊部隊が凶事の震源地に潜入するが…。
ヘル・オブ・ザ・リビングデッド


基本的に、突っ込みどころ満載だが、突っ込めるという雰囲気はない、くだらなすぎて(^^;

しかし、そのくだらなさが、一周回って個性的な映画になってるという、なんとも変な作品。
なんつぅんでしょう、まさにZ級というか、エド・ウッドの映画が好きな人がいるのと同じような、
「本当にくだらない映画観るぞ」と理解した上で、
ポップコーン片手に「マジでつまらないですけどww」とか、そうやって楽しむみたいな映画です。

ヘル・オブ・ザ・リビングデッド
原住民の村に進入するために、郷に入っては郷に従う、テレビレポーターのヒロイン。

ヘル・オブ・ザ・リビングデッド
なぜか女物の服を前掛けにして、シルクハットとステッキを持って踊りながら襲われる特殊部隊の隊員。

ゴブリンサウンドもウリの1つとしているが、
新たに作曲してもらったわけではなく、既存の曲を使っているだけ。
もちろん、メインはかの名曲揃いの「ゾンビ」からの使用が多いです。
(オープニングロールにゴブリンの名前は出てるし、商業DVDでも使われてるから正式ではあるのかな?)

ヘル・オブ・ザ・リビングデッド

なにはともあれ、登場人物や脚本のIQが低すぎる作品でも我慢できる、
(特殊部隊員が「頭が弱点だ!」といいながら、毎回、身体を撃つのが一番意味不明)
くだらない映画好きの人は、この機会にどうぞって感じ。

ヘル・オブ・ザ・リビングデッド
この後、衝撃的なエンディングが待っています。

音(音楽)だけ聞いてると、ゾンビが始まったと思うこと間違いなしな
予告は↓
>>続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

ハロウィン Extended Edition - プレミアってしまっていたエクステンデッド・エディションが2000円で再販
ハロウィン
「ジョン・カーペンター」監督が1978年に世に送り出した、
マスクを付けた不死身の殺人鬼の元祖(13金の2年前ですから)と言っていい名作。


ジョン・カーペンターが自ら作曲した、このテーマ曲がかかるだけでテンション上がりますw
(これも、今でも会社のブースにサントラを常備している1枚です)

主演は今は亡き「ドナルド・プレザンス」
ハロウィン
(ハロウィン4、5公開時に日本に来たんですよねぇ。座席の一番前で本人見ました。懐かしい思い出です)
と、
このハロウィンからスクリーミングクイーンと呼ばれた「ジェイミー・リー・カーティス」
ハロウィン

このDVDは、劇場公開版に10分の新規撮影シーンを追加した、エクステンデッド・エディション。
追加されたシーンは、冒頭の精神病院のシーンや中盤の女子3人組の会話など。
ハロウィン

ハピネットからJVDに版権が移りこの度再販。
マスターはアンカーベイの物とのこと。
日本放映時の木曜洋画劇場版の吹き替えも収録。

チャプターリストもないし、SPOのリマスターに見慣れてちょっと残念な画質ですが、
まぁ、2000円ですからねぇ。


(story)
15年前に実の姉を殺害した少年マイケル。
ハロウィン
収容されていた精神病院からマイケルは脱走し、故郷ハドンフィールドに向かった、ある目的を持って…
ハロウィン


このエクステンデッド・エディションで久しぶりに鑑賞しましたが、やはり名作ですね。
無感情の不死身の殺戮マシーン、マイケル・マイヤーズはいろんな意味で強烈。すごい。
ハロウィン

ときたま、死んだ人を「?」と見る仕草を見せたり、
ハロウィン
かともうと、お化けだぞーと言う感じでシーツを被って現れ、首締めちゃうとか。
ハロウィン
なかなか、お茶目なところもあります。

しかしお話的には、この1作目では、なんなんだコイツ!?で、
何も明かされずに、終わってしまうのですが、直後系として2へ続き少しづつ明かされていきます。
で、(3は飛ばして)4、5、6と続き、H20、レザレクションと続き、
ロブ・ゾンビによって、リメイクが2本作られました(現在3Dが公開待ち)

ちなみに、ドナルド・プレザンスは6作目まで登場。
ジェイミー・リー・カーティスは2作目の後はH20で復活となります。

DVDは残念ながら「6」のみ発売されていません(他は全部持ってます(^^;)
先日、4と5も発売されましたし、久しぶりに2以降も観ていこうかなと思ったりしました。
(なぜか、マイケルとも何にも関係ない3は、観る必要ないですがね)

予告は↓
>>続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

ローズマリー - 1981年公開のトム・サビーニの特殊メイクが冴えるスラッシャーがHDリマスターで発売
ローズマリー
13金のヒットから1980年代に量産されたスラッシャーの中の1つ。
監督は「ジョセフ・ジトー」、特殊メイキャップに「トム・サビーニ」。原題は「THE PROWLER」

トム・サビーニのメイキャップが全開バリバリの頃の作品で、
ジトー監督は、この作品の後「13日の金曜日完結編」で再びトム・サビーニと組み、
数ある13金の中でも、なかなか印象に残るシーンを生み出した。
その後は、アクション映画で、チャック・ノリスと共に「地獄の~」シリーズのヒット作を作り、
ドルフ・ラングレンの出世作のレッド・スコルピオンなども撮ったりした。


(story)
アヴァロン・ベイの女学園の卒業パーティーで学生のローズマリーとボーイフレンドが何者かに惨殺された。
犯人不明のまま数十年が過ぎ、久しぶりに卒業パーティーが再開されることになるのだが…。

ローズマリー

「血のバレンタイン」や「プロムナイト」系のよくあるスラッシャーではあるのだが、
この「ローズマリー」がそこらの作品と、ちょっとだけ違うポイントは、
「殺人カタログ」と言われた、トム・サビーニの職人芸あふれるスプラッターシーンが
いま見ても、十分通用するクオリティという凄さではないでしょうか?

ローズマリー
脳天に食い込んだ、ナイフを引きぬこうとする時に、白目になるのは中々のインパクト。

ローズマリー
パッケージにもなってる、プールで女性を襲うシーン。この後、このナイフで…。

実は殺人の数自体はそれほど多くないのですが、
お話的に(ジャーロ程度ですが)犯人は誰でなんの目的が…という引っ張りもあるので、
殺害シーンのインパクトと併せ、数の少なさはそれほど気になりません。

HDリマスター具合も相変わらずの仕事っぷりですので、
コレクションにはいいDVDです。

予告は↓
>>続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

吸血狼男 - 1961年のテレンス・フィッシャー監督の古典が、HDリマスターで初DVD化
しまった、監督の名前タイトルだけ間違えた。
リーって誰やねん。すいませんm(_ _)m (12/02/07 修正)
吸血狼男
ハマー・プロ全盛期に作られた「パリの狼男」の映画版。
監督は「吸血鬼ドラキュラ」や「フランケンシュタインの逆襲」など、
数々の古典を生み出した「テレンス・フィッシャー」
原題は「The CURSE OF THE WEREWOLF」


(story)
18世紀後期のスペイン。残忍な領主の戯れで牢に幽閉された流浪者の仔を身ごもった召使い。
クリスマスの夜、彼女は男児を生んで息を引き取り、子供は村人ドン・アルフレッドに
育てられ、誠実な青年レオンに成長する。
レオンは酒造工場で職を得て雇い主の娘クリスティナと恋に落ちるが、
その体には忌まわしい狼憑きの血が流れていた。やがて訪れる満月の晩。
呪われた運命に導かれ、レオンは甘い生血の味に狂う狼男に変身する……。


個人的には、年齢的にハマー・プロ全盛期の作品には、それほど思い入れがないのですが、
たまにこの時代のホラーを見ると、なかなか感慨深いものがあります。

吸血狼男
お話は、主人公が生まれた時から成人まで描かれます。

私的には、吸血鬼物や狼男物はジャンルとして好きなので、
以前から、この「吸血」「狼男」のタイトルに惹かれ、興味がありました。ので、思わず手が出ました。
吸血狼男

内容的には、残酷というよりも、欝形の悲しい物語で
なかなか、今時は見れないなぁという、差別的な表現が多く、良い意味で時代を感じます。
役者の演技もシッカリしており、90分飽きることなく引きこまれました。

予告は↓
>>続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

影なき淫獣 - 1973年のジャーロがデジタル・リマスターで発売。スラッシャーの古典なんても言われてるそうです
影なき淫獣
イタリアのジャーロの中でも、意外とシッカリしてるジャーロ。
監督は「セルジオ・マルチーノ」(代表作は片腕サイボーグになるらしいです)


(story)
ミラノの学生街で、覆面姿の連続殺人鬼による凶行が起きる。
カー・セックスの後、絞殺された上で乳房をナイフで抉りとられた女。
ドラッグで朦朧とした状態でさ迷い出た森で、湿地に顔を押し付けられて溺死させられた上
、両目を潰され身体を切り裂かれる女。不穏な空気の中、女学生のジェーン(S・ケンドール)は
3人の友人達とともに気分転換に田舎の別荘に向かうが、そこにも犯人の魔手は迫ってきた…。
影なき淫獣


古いジャーロの割には、続々と登場する人物によりミステリー感を高め、
中盤で主人公を入れ替え、終盤は足を怪我してうまく逃げれない主人公が、
犯人に見つからないようにするサスペンスタッチで進むなど、シッカリした作り。

スプラッター度などは、今と比べてしまうと地味だが、
当時としては、結構、ショッキングだったんじゃないでしょうか?
影なき陰獣
殺した相手は、取り敢えず切るって感じの犯人。

私は、この作品は初めて観たのですが、
何はともあれ、今観ても、構成がシッカリしてるおかげで、
ジャーロにしてはストーリーを追うことができて、ラストまでドキドキと観れます。

こちらの作品も、SPOのデジタル・リマスターなので、
画質の向上は相変わらず、いい仕事ですが、

予告のシーンと、本編が、カメラとかが明らかに違ってたりします。
影なき淫獣
影なき淫獣

このカットだけじゃなくて、予告と収録されてる本編だと、
群衆のいる位置や歩いてるところが違ったりするので、テイク1とテイク3って感じの差を感じます。

なんでこういうことが起こってるんでしょうか? イタリア映画だと普通のなのかなぁ…。

予告は↓
>>続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。